価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド

あなたの職場にピッタリな業務用エアコンを徹底調査!

価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド » 意外と知らない業務用エアコンの知識

公開日:|更新日:

意外と知らない業務用エアコンの知識

業務エアコンを選ぶ際に見聞きする言葉の中には、どこかで聞いたことはあっても正確な意味はわからないものも多いのではないでしょうか。ここでは知っておきたい業務用エアコンの基礎知識をご紹介します。

家庭用と業務用の違い

自宅に設置する家庭用エアコンとオフィスや店舗などに設置する業務用エアコンでは、馬力や機能、月々にかかる電気代が違います。ここではふたつのエアコンの違いについてご紹介。設置場所に適したエアコンが何かわかると、過度な負担をかけず効率的に空調環境を整えてくれるエアコンを選べます。

馬力

どの業務用エアコンを選ぶかというカギを握っている馬力。エアコンが何台必要になるのかは面積によっても異なりますが、台数よりも先に確認すべきなのは馬力です。次のページでは「オフィス」「理美容室」「飲食店」をクローズアップし、馬力と台数の目安をまとめました。そもそも馬力の意味がわからない、という方もぜひチェックしてみてください。

ペア マルチ

業務用エアコンは、大きくわけてペアとマルチの2つのタイプがあります。どちらも室外機は1台ですが、室内機とリモコンの数が異なっているのです。面積があまりない場所はペア、面積が大きい場所にはマルチが向いている理由とは?それぞれの特徴やメリットをリサーチしました。ぜひ要点を押さえてから業務用エアコンを導入してくださいね。

電源(単相・三相)

業務用エアコンの電源には「単相200V」と「三相200V」の2種類があります。単相は一般家庭、三相は業務用というイメージがありますが、店舗の設置場所や人の数、広さによって適切な電源は異なるもの。ここでは、単相と三相の違いをご紹介します。細かな条件によって最適な電源は変わるので、ポイントを押さえておきましょう。

購入とリースのメリットとデメリット

高額な業務用エアコンを導入する際に迷うのが、『購入』か『リース』かです。でも、購入にもリースにもメリットとデメリットが…。似ているようで大きく違う購入とリースについて調べました。

馬力別の工事費用一覧

エアコンはそのエアコンの価格だけでなく、設置の際の工事費用にも着目する必要があります。こちらのページでは馬力別のエアコンの工事費用の一覧をご紹介します。どれくらいの馬力のエアコンを選べばいいのかの基準もチェックしていきましょう。

業務用エアコンには天井カセット型、天井吊型、壁掛け型、床置型、天井埋込ダクト型などの種類があります。それぞれの工事費用、エアコンのメリット、デメリットなどを確認し、自分の店舗や事務所に最適なエアコンを選ぶことが大切です。

定期点検の重要性

業務用エアコンの場合、エアコン管理者に法令で保守点検やメンテナンスの管理が義務付けられています。ここでは業務用エアコンの点検頻度や点検方法をはじめ、リスクや罰則規定などについても触れています。他にも設置場所や使用環境などについてもご紹介していますので一度参考にしてみてください。

補助金・助成金

購入するためには高額な費用がかかる業務用エアコンですが、国が省エネ対策になる機器の導入を推奨しているため、各省庁や地方公共団体が補助金・助成金制度を設けています。

その制度を利用すれば購入の負担を軽くできるはずです。毎年5月頃から公募がはじまるので、応募の条件や助成金額など、詳細を事前に確認して書類などを準備しておきましょう。

中古のメリット・デメリット

業務用エアコンには中古もあります。中古だと新品よりも大幅に安く購入できます。ただデメリットも少なくありません。

中古と新品、どちらを選ぶべきかは営業スタイル等によって変わってくるので、まずは中古のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

掃除・クリーニング

業務用エアコンの掃除・クリーニングを定期的に実行すれば、様々なメリットを享受することができます。汚れや詰まりを取り除くことで運転効率がアップするため、冷暖房の効果がより高まるだけではなく、電気代削減にも繋がります。また、エアコン自体が故障しにくくなるので、寿命を延ばすことも可能です。逆に掃除・クリーニングを怠ると、様々なトラブルを引き起こす可能性が出てきます。

そこで、業務用エアコンを手入れする必要性やメリット、オススメの掃除方法を紹介していきます。

相場

業務用エアコンの価格は、エアコン自体にかかる「本体価格」と、取り付け工事にかかる「設置価格」によって決まります。エアコンの機種、設置台数、工事内容など、様々な要因によって価格は大きく変動するため、価格相場もわかりにくいのが実情です。ただし、機種ごとの特徴や取り付ける場所、設置までに必要な工程を理解しておけば、価格相場もある程度把握できるようになります。

ここでは機種や設置場所のことにも触れながら、目安となる価格相場を紹介しています。

修理

業務用エアコンは使い続けることで不調が起きますが、重・中・軽の三段階に分かれ、それぞれで費用が変わります。メンテナンスの後には必要経費も把握しましょう。

エアコンに不調が起きたら修理か買い換えを考えますが、どちらが得かは状況次第です。エアコンの利用年数から考えてみましょう。

撤去

業務用エアコンは本体が非常に重く、またきちんと工程を守らなければ安全に撤去することはできません。工具を揃えて、徹底した安全管理が求められるため、素人が安易に行うことは危険です。そのため、業者に依頼した方が安全です。

業務用エアコンは仮に撤去しても家電リサイクル法ではなく、フロン回収・破壊法または廃棄物処理法に沿って処分しましょう。処分の方法を間違えては、懲役または罰則を受けるので、専門家に依頼して撤去してもらいましょう。

水漏れ

業務用エアコンが水漏れしている場合、自分でできる対処方法はあるのでしょうか?

エアコンが水漏れしてしまう原因2つと、エアコンを使用するうちに水が出てくる理由、水漏れを放っておいた場合のトラブル、対処方法について解説しています。

水抜きができる機種は限られていること、水漏れの原因に掃除が足りず汚れが溜まってしまうことが考えられるため、業務用エアコンはご自身で対処するよりも専門家に相談するのがオススメです。

業務用エアコンのトラブル

業務用エアコンにトラブルが発生したら、家庭用エアコン以上に、お客様のストレスになってしまう、商談で自社のイメージや信頼を損なう、作業効率が落ちる等々、大変な悪影響を被ってしまうリスクがあります。

こちらのページでは「効きが悪い」「悪臭」「異音」「台風」「小動物」といったさまざまな要因について調査。トラブルの原因であるフィルターやファンに溜まった汚れについても、まとめていますのでぜひチェックしてみてください。

寒冷地仕様

外気が0度以下になるような「寒冷地」では、通常のエアコンでは十分に機能しません。そこで、パワフルな室外機や凍結防止が設置された「寒冷地仕様」のエアコンについて、その特徴や取り扱いメーカー、製品情報などをまとめています。

節電の方法

業務用エアコンの消費電力を節電には、日頃のメンテナンスが大きく関係してきます。ホコリが詰まってしまうと空気の循環がスムーズでなくなり、空気を移動させるためのエネルギーをより多く消費してしまうからです。次の記事ではエアコンをメンテナンスをして節電する方法、自分たちでできる節電・省エネの方法をまとめて紹介しています。今日から取り入れられる項目もあるので、参考にしてみてください。

スメルハラスメント

エアコンの取り付け場所によっては、空気が循環せず体臭が漂う、冷房が効かず室内が熱くなるなど、空気や熱の入れ替えが正常にできなることもあります。次の記事では、スメルハラスメントに対して業務用エアコンができることをまとめました。

高圧圧力異常

業務用エアコンのトラブルの中に「高圧圧力異常」という呼ばれるエラーがあります。汚れが原因で高圧圧力センサーに異常が出てしまうことで起こります。夏場の冷房使用時と冬場の暖房使用時で原因が異なるので、チェックしてみましょう。

適切な設定気温や室内温度

業務用エアコンは、家庭用エアコンよりも出力や耐久性という点で優れているイメージもありますが、設定温度や使用環境に注意点もあります。また、正常に動作できる気温は、35度までとされています。そのため、35度や40度以上の日に業務用エアコンを使用する時は、室外機に水をかけたり日よけシートを設置したりなど、故障しないようさまざまな工夫も必要です。

また、業務用エアコンに限らずエアコンの設定温度は、本体の設定温度という意味ではないことも注意しましょう。

室外機

業務用エアコンにも、家庭用と同じく室外機があります。しかし、その種類や掃除の方法などについては、知らない人も多いのではないでしょうか?ビルの屋上に置かれているような室外機の種類をはじめ、「そもそも室外機の機能とはどのようなものか?」また、「掃除の仕方は?」といった疑問について解説しています。業務用エアコンの室外機について、「これから導入することを考えているので、まずは入門的に知っておきたい」という方も、あわせて参考にしてみてください。

寿命

業務用エアコンは、どれくらいの寿命があり、どれくらいの期間にわたって使用できるのでしょうか?また、寿命とは別に「耐用年数」という言葉もあります。「耐用年数」は、それぞれの種類によって、15年、13年、6年のいずれかで定められています。しかし、実際に使用できる年数は個々の製品によって異なり、普段から清掃や定期的なメンテナンスによって、より長い期間にわたって使用できるでしょう。業務用エアコンの種類の見分け方や、いわゆる「寿命」を延ばす具体的な方法について解説しています。

業務用エアコンの暖房とファンヒーター

寒い冬場は暖房器具が不可欠。しかし、気になるのは光熱費です。暖房器具で代表的なのは業務用エアコンの暖房機能、電気ストーブ、灯油ファンヒーターなど。それぞれに強みがあるので、設置する場所や用途にあったものを選ぶ必要があります。ここでは暖房器具の特徴と選ぶ際のポイントについて紹介しています。

業務用エアコンの暖房と乾燥

エアコンの暖房は室内の空気を乾燥させてしまうものです。業務用エアコンも、もちろん同じ。しかし、そもそもその理由はなぜなのでしょう?

冬場の空気は水分が少ないため、乾燥しています。業務用エアコンは、その乾燥した空気を温めることで、さらに水分が少なくなり、ますます乾燥してしまう、というわけです。

記事では、エアコンが空気を乾燥させる理由を乾燥させてしまうその他の理由をはじめ、業務用エアコンでもできる乾燥対策についても紹介します。

業務用エアコンの騒音について

業務用エアコンから騒音や異音がするなら、放置しておくと仕事に支障が出てくるかもしれません。家庭用エアコンよりも出力が大きいため騒音も大きく、クレームになったり、業務効率が下がる可能性も。

そこで、業務用エアコンの騒音について、故障や汚れといった主な原因はもちろん、それぞれの業務用エアコンのメーカーごとに行われている対策や、自分でもできる対処法などを解説します。

ぜひチェックして参考にしてみてください。

業務用エアコンのエラーコード

業務用エアコンでは、機器に異常が生じるとエラーコードが表示されることがあります。エラーコードが出ると不安になりますよね。焦りながら、そのコードが一体何を表しているものなのか、インターネットで検索する方もいるでしょう。いざエラーコードが表示されたときに焦らずに済むように、代表的なコードは知識として知っておきたいもの。目にすることが多いエラーコードの意味と、対処法を紹介しています。万が一の事態に備えて、知識をつけて冷静に対処できるように準備をしておきましょう。

業務用エアコンの選び方

業務用エアコンは、家庭用のエアコンとは異なる点が多く、機械を選ぶ際にはいろいろな点に注目する必要があります。もし、使用する環境にそぐわない機械を選んでしまった場合、買い直し、設置のし直しなど、さまざまな手間と費用がかかってきます。事前に注目すべきポイントをおさらいしておくことで、無駄のない設備投資が可能になります。失敗しない業務用エアコンの選び方の参考にしてください。

業務用エアコン業者の選び方

業務用エアコンの取り付けは、家庭用のエアコンよりも注意すべき点が数多くあります。場合によっては、対応できる業者が限られてくることもあるでしょう。業者に設置を依頼する際には、適した技術や知識、そして免許・資格を持っているところを選ぶようにしてください。また、設置後のメンテナンスをきちんと行ってくれるかどうかも大切なポイントです。

業務用エアコンの試運転

夏は業務用エアコンが大活躍する季節。しかし、いざエアコンを稼働させたときに何か不具合があると、業務や営業に大きな支障が出てしまいます。夏本番を迎える前にぜひやっておきたいことが「エアコンの試運転」。事前にメンテナンスをしておくことで、万が一不具合が見つかったとしても、早めに対処し本格的な稼働に備えることが可能です。夏を迎えて急なトラブルに慌てることがないように、夏前に実施しておきたい業務用エアコンの試運転の方法、チェックポイントについて紹介していきます。

業務用エアコンのショートサーキット

「エアコンが効かない!」「突然エアコンが動かなくなった!」といったトラブル時は、ショートサーキットを起こしているかもしれません。ここでは、ショートサーキットの発生原因と対処法について紹介しています。

COP・APF

設置するエアコンはなるべく省エネ性能が高いものを選びたいですよね。そのようなときは「COP」と「APF」に注目。ここでは、エアコンの省エネ性能を表すこの2つの指標について、計算式や対象機種について紹介しています。

グリーン購入法

持続可能な循環型社会を目指すための取り組みとして施行されたグリーン購入法には、電化製品においても一定の基準が定められています。エアコンの場合、どのような基準があるのでしょうか。基準に適した商品の見分け方について、グリーン購入法の目的とメリットとともに紹介しています。

フロン

フフロンとは、フッ素や炭素、水素などで構成される人工的な化合物の日本での通称です。一言でフロンと言っても、成分の違いに応じてさまざまな種類があります。フロンは、機器の冷却性能に大きな影響を与え、エアコンや冷蔵庫などに使用されてきました。しかし、オゾン層を破壊するということで、地球環境への悪影響が問題視。製造・使用・廃棄のいずれの場面においても、適切な処理が求められます。

R22冷媒

R22冷媒は、2000年頃のエアコンに使用されていたフロンガス。しかし、温暖化への影響の観点から現在では使用が控えられており、2020年には全廃されています。まだ、R22冷媒が使用されている昔のエアコンを使用しているのであれば、修理が困難になったり費用が高くなったりとデメリットが多いため、買い替えを検討しましょう。

秋の業務用エアコンの温度設定や対策

秋の業務用エアコンの温度設定や対策について紹介しています。気温変化が大きい秋のエアコン設定温度は、28℃がおすすめ。また、風向きの設定を水平にして直接風を当てないことも大切です。涼しくなってきてエアコンの使用頻度が減る10~11月は、業務用エアコンの点検やクリーニングがおすすめです。エアコン内部の汚れ・ホコリを放置していると、アレルギーや咳を伴う病気を引き起こすこともあるため注意が必要です。送風運転やパーツ掃除など、秋にやっておきたいメンテナンス方法についても紹介しています。

業務用エアコンの分解洗浄

業務用エアコンを長く正常に使い続けるためには、定期的なメンテナンスとクリーニングが大切。故障の原因となる埃や汚れを綺麗にすることで、未然に機器の異常を防ぐことにつながります。

また、日頃のメンテナンスに加えて、時には大掛かりな掃除も大切。部品をすべて取り外して清掃を行う分解洗浄は、普段は手が届かない細かい汚れやしつこい汚れも一緒に綺麗にし、エアコンの悪臭改善や冷暖効率を高め、電気代の節約につながることもあります。

冬の業務用エアコン使用時のポイント

業務用エアコンは、暑い夏場に冷房として活躍するだけではありません。寒さが厳しい冬には暖房としても使用するでしょう。実は、電気代は夏に比べて冬の方が高くなる傾向にあります。

電気代を削減するためには、エアコンの暖房効率を高めるためにさまざまな工夫が必要になります。冬場の業務用エアコンの適正な設定温度や、エアコンと併せて行いたい空調管理の工夫について紹介します。また、暖房効率を高めるためにチェックしたい、業務用エアコンのメンテナンスポイントについても紹介します。

暖房による不快感の原因と対策

寒い時期の必需品であるエアコンですが、暖房を使っていて「頭が痛い」「吐き気がする」といった不快感や体調不良を感じたことのある方は少なくないでしょう。実はこのような症状や不快感は、暖房の使用で空気が乾燥したことによる脱水症状が原因となっていることが多いのです。原因を知ることで、対策も打ちやすくなるでしょう。こまめに水分を取る、加湿を行うなどの適切な対策をとることで、冬場を快適に過ごせるようになります。

業務用エアコンおすすめ業者3選

当サイトで紹介している業務用エアコン販売会社の中から下記選定基準でピックアップ。
リース・保証期間が最長・・・ダイキンネットZEAS
取り扱いメーカー数が豊富・・・空調エキスパート.com
老舗の安心施工・・・エアコンフロンティア

少しでも長く業務用エアコンを維持したいなら

ダイキン
ネットZEAS

ダイキン ネットZEAS公式キャプチャ

引用元:ダイキン ネットZEAS(https://www.daikin-hvac-tokyo.co.jp/anshin/)

特徴

  1. 世界シェアNo1!
    安心のダイキンブランド
  2. お知らせメールとメーカー直結の迅速な修理対応!
  3. 故障をしても修理費0円(10年保証)
公式サイトを見る 電話で問い合わせる

高品質の施工を
低価格で提供できる

空調エキスパート.com

空調エキスパート.com公式キャプチャ

引用元:空調エキスパート.com(https://kucho-ex.com/)

特徴

  1. お客様が満足できる低価格を実現している
  2. 有資格者が工事を担当するため安心
  3. 万全のアフターサービス体制を用意
公式サイトを見る 電話で問い合わせる

安心できる老舗で
業務用エアコンを選ぶなら

エアコンフロンティア

エアコンフロンティア公式キャプチャ

引用元:エアコンフロンティア(https://aircon-f.co.jp/)

特徴

  1. 創業1946年の老舗
  2. 品質を高める提携の工事店への研修制度
  3. 安心の有資格者による施工
公式サイトを見る 電話で問い合わせる
安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_サイド

おすすめ業務用エアコン業者15社

メーカー別|業務用エアコン

設置場所別|おすすめ業務用エアコン

業務用エアコンの種類について

意外と知らない業務用エアコンの知識

サイトマップ

Copyright (C)価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド All Rights Reserved.