価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド

あなたの職場にピッタリな業務用エアコンを徹底調査!

価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド » 意外と知らない業務用エアコンの知識 » 業務用エアコン業者の選び方

公開日: |更新日:

業務用エアコン業者の選び方

業務用エアコン業者の選び方

通常、エアコンの取り付けは業者に依頼するケースが大半だと思われます。より専門性の増す業務用エアコンの設置であればなおさらでしょう。ただ、業務用エアコンの場合、通常の電気工事だけでなく配管工事にも関わってくるため、家庭用のエアコンとは少し勝手が違い、要求される知識や技術も異なってきます。このページでは、業務用エアコンの設置を依頼する業者について、押さえておきたい選び方のポイントについて紹介していきます。

空調機器設備業者であるか

業務用エアコンの取り付けにおいては、埋め込み形のエアコン工事やフロンガスの回収・破壊、配管洗浄、壁紙の貼り替えなど、家庭用のエアコン工事では行わないような作業もあるため、より専門性の高い業者に依頼する必要があります。そのような業務を得意としているのが「空調機械設備業者」。空調機械設備業は、業務用エアコンはもちろん、その他にも特殊な冷凍機や大型の換気設備なども扱える、空調や換気のスペシャリストと言える存在です。電気工事業者の中にも「空調機械設備業者」「電気設備工事業者」など、さまざまな業者がいるので、後々のトラブルを回避するためにも、最初から適した業者に仕事を依頼することをおすすめします。

資格・免許の有無

空調設備の工事には、建設業の許可が必要になる場合があります。空調設備は管工事にあたり、「冷暖房設備工事」「冷凍冷蔵設備工事」「空気調和設備工事」など、その種類も数多くあります。業務用エアコンの取り付けに際しては、「管工事」に関する許認可や資格を持っているかがポイントになります。実際、「軽微な建設工事」にあたる工事に関しては、資格が無くても工事が可能なケースがあるのですが、滞りなく工事を終えたいのであれば、資格を取得している業者にお願いするのが賢明と言えるでしょう。

現地調査の有無

工事を行う現場に、二つと同じところはありません。もちろん簡易な工事であれば、現地調査が不要なケースもあるかもしれませんが、特に店舗の業務用エアコンを設置するような場合では、事前に設置が可能かどうかなどを調査する必要が出てきます。特に、天井埋込タイプのエアコンを設置する場合、天井裏に十分なスペースが無かったり、配管が入り組んでいたりすることで、設置そのものが不可能なケースもあります。そのようなことを事前にチェックし、難しい場合は代替案を提案してくれるような業者であれば、仕事を任せる上でも安心でしょう。また、事前の調査の結果から、その現場により適したタイプのエアコンを提案してくれるところもあるため、業者選びは慎重に行うようにしましょう。

点検・保証体制の充実

エアコンを快適に使用し続けるためには、定期的な点検やクリーニングが必要です。それは、業務用エアコンも家庭用と変わりません。ただ、構造が入り組んでいることから、個人でエアコンをキレイに清掃することは難しいものがあります。また、メンテナンスも素人では対応が難しいです。エアコンのクリーニングやメンテナンスは、日々の稼働における電気代に関わるだけでなく、機械自体の寿命にもつながります。そういった意味でも、定期的な点検に来てくれたり、万が一のときの保証が充実していたりする業者に仕事をお願いすることが、長くエアコンを使用し続けるうえでも重要だと言えるでしょう。

フロンガスの回収に対応しているか

業務用エアコンの工事業者を選ぶ際、見逃しがちになるのが、フロンガス回収までをまとめて請け負ってくれるかどうかです。業務用エアコンを取り換える際は、古いエアコンを廃棄すると同時にフロンガスも廃棄しなくてはいけないと、環境省の「フロン回収・破棄法」で定められています。もし、フロンガスを回収しないで外気に放出してしまった場合は、依頼主側の責任として、1年以下の懲役または50万円以下の罰金(フロン排出抑制法 第103条)が課せられるようになっています。フロンガス回収については、業者の料金表に記載されていることが多いので、依頼前に必ず確認するようにしましょう。

明朗会計か

業務用エアコンの取り付け、取り外しにあたってはさまざまな経費がかかります。業務用エアコンの施工は特殊な仕事になるため、ある程度の技術料は発生しますが、後から追加経費がかかり見積もり額が上乗せされていくような業者だと、仕事も頼みづらくなってしまいます。見積もりに際して、明朗会計かどうかは事前にチェックするようにしましょう。

自社施工かどうか

取り付けやや取り外しについて、自社で施工を行っているかも重要なチェックポイントです。自社施工でない場合、複数の業者が絡むことになるため、必然的にコストは上がっていきます。場合によっては、対応をお願いしたとしても、たらい回しにされてしまうようなことも考えられます。自社施工の業者であれば工事について直接話ができますし、コストも比較的安く、何かあったときはすぐに相談・対応もしてくれるため、できるだけ自社施工の会社を選ぶようにしましょう。

業務用エアコンの設置はいつがおすすめ?

業務用エアコンを設置するタイミングは、お店やテナントによってまちまちだと思います。ただ、実際に設置をするとなると、自分たちだけの都合ではなく、取り付け業者の都合も考える必要があります。繁忙期で業務が立て込んでいる時期だと、先約が優先され、急な依頼に応じられないケースもあるからです。
ここでは、業務用エアコンを設置するおすすめのタイミングについてご紹介します。

エアコン設置工事の繁忙期

エアコンの取り付けにおける繁忙期は、一般的に年に2回訪れるとされています。1回目は3月から4月にかけて。この時期は、引越しが非常に多く発生する時期。引越しに伴って、新居にエアコンを設置、移設する人が増えるからです。また、エアコンの設置を請け負っている業者の中には、その他の電気工事にも幅広く対応している業者もあります。引越しシーズンのこの時期は、新生活に伴うその他の電気工事類の依頼も増えるため、必然的に予約が取りづらくなる傾向にあります。

エアコン取り付けの繁忙期、もう一つはやはり夏。特に、夏本番の暑さに備えて夏前からエアコン設置の依頼は増えていく傾向にあります。新しくエアコンを設置するケースはもちろん、メンテナンスや、夏に向けてエアコンを新調する、故障したので買い換えるといった人も増えるため、取り付け業者にとっても最も忙しい時期であると言えるでしょう。

これらの時期は依頼者も増加し、すぐに予約が取れない可能性もあります。特に、夏にエアコンがない日々は熱中症を引き起こす可能性もあるため危険です。エアコン設置を考えている方は、繁忙期を迎える前に余裕を持って依頼できるように準備しておくようにしましょう。

施設の業務用エアコンの繁忙期

施設での業務用エアコン工事の繁忙期は、また少し事情が変わってきます。施設では、夏場や冬場は空調設備をフル回転させています。空調設備の故障や不調は施設の評判に直結し、客足にもダイレクトに関わってくるため、しっかりと気を遣いたいもの。そのため、空調設備に何かトラブルがあると工事依頼は増えていきます。特に夏場や冬場の真ん中頃は、依頼が集中する傾向にあります。

また、近年では学校へのエアコン設置が進んではいますが、それでも今から取り付けを行うところもまだまだあります。そのようなところは、夏を迎える前に依頼をする傾向にあります。学校のエアコン設置は大規模な工事になるため、依頼が重なる時期はなかなか予約が取れないこともあるでしょう。夏場は、やはり他の施設等からの依頼も増えるため、理想のタイミングまでに設置を完了させるなら、そのような時期よりも少し前での依頼を検討することをおすすめします。

なお、近場で公共施設や商業施設が新設されているなら、それは同時に空調設備の工事も行われている可能性が大きいです。規模の大きな施設では、それだけ工事に要する期間も長くなることもあるため、近場で大きな建設工事が行われていないかどうかをチェックすることも大切です。

業務用エアコンおすすめ業者3選

当サイトで紹介している業務用エアコン販売会社の中から、自社販売で、万が一の時も安心な24時間365日の電話サポート対応をしてくれるところを保証年数の長い順に3社ご紹介します。(2021年11月時点)オフィスや店舗に欠かせない業務用エアコンの導入をご検討されているなら、ぜひ参考にしてください。

リーズナブルな
料金と充実の
サポートが魅力

ダイキンHVAC
ソリューション東京

ダイキン ネットZEAS公式キャプチャ

引用元:ダイキンHVACソリューション東京公式HP(https://www.daikin-hvac-tokyo.co.jp/anshin/)

保証年数

10年

特徴

  1. 初期費用0円で導入可能
  2. 月々8,700円(税抜)から利用可能
  3. 24時間365日サポートを受けられる
公式サイトを見る 電話で問い合わせる

迅速対応&
多数のメーカー
取り扱い

株式会社シャインエアー

シャインエアー公式キャプチャ

引用元:株式会社シャインエアー公式HP(https://www.shine-air.co.jp/)

保証年数

7年

特徴

  1. 対応が迅速
  2. 幅広い提案を行ってくれる
  3. 多数のメーカーを取り扱っている
公式サイトを見る 電話で問い合わせる

受付から提案、
アフターフォロー
まで

ACNエアコン

ACNエアコン公式キャプチャ

引用元:ACNエアコン公式HP(https://www.acn-aircon.com/)

保証年数

期間の記載無し

特徴

  1. リース契約なら初期費用0円で導入可能
  2. 環境に適した商品とサポート
  3. 安心・快適に使えるよう先進のサポート
公式サイトを見る 電話で問い合わせる

※保証期間参照元
ダイキンHVACソリューション東京公式HP:https://www.daikin-hvac-tokyo.co.jp/anshin/(2021年11月時点)
株式会社シャインエアー公式HP:https://www.shine-air.co.jp/lease/(2021年11月時点)
ACNエアコン公式HP:公式HPには期間の記載はありませんでした(2021年11月時点)

安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_サイド

おすすめ業務用エアコン業者15社

メーカー別|業務用エアコン

設置場所別|おすすめ業務用エアコン

業務用エアコンの種類について

意外と知らない業務用エアコンの知識

サイトマップ

Copyright (C)価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド All Rights Reserved.