価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド

あなたの職場にピッタリな業務用エアコンを徹底調査!

価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド » 意外と知らない業務用エアコンの知識 » 購入とリースのメリットとデメリット

公開日: |更新日:

購入とリースのメリットとデメリット

業務用エアコンを導入したいけれど、まとめて購入すると高額だから今は苦しい…。そんなときに候補に挙がるのがリース契約です。

実は断然!業務用エアコンを導入するのなら、リース契約の方がお得なんです!

でも勿論、メリットとデメリットがあります。

ここでは、そんな業務用エアコンの「購入」と「リース」のメリットとデメリットの両方を説明いたします。

業務用エアコンのリースとは

新しくエアコンを導入する際、「購入」と「リース」という選択肢があります。業務用エアコンのリースは、使用者が指定した機種をリース会社が代わりに購入し、リース会社から借りるという仕組みの契約体形になっています。

リース料金は、「(エアコン本体価格+設置工事費)×リース利率=1ヶ月当たりのリース料金」で算出できます。導入初月だけ高額な料金が必要なわけではなく、毎月一定の費用を支払うことで業務用エアコンが利用可能です。

業務用エアコン購入のメリット

リースに比べて総額が安い

業務用エアコン購入の最大のメリットは、リースに比べて総額が安いことです。リースの場合は本体価格に加えてリース料率がかかりますが、購入の場合はこの金額がかかりません。そのため、リースで導入する場合と比較してトータルの支払額を安く済ませることが可能なのです。

契約は3~7年のところが多いので、特に店舗を3年以内に閉める予定の方や一時的な使用の方は購入の方がおすすめです。購入ならば契約期間を気にする必要はありません。できるだけ安く購入したいという方は、中古品やセール品で購入する方法もあります。

エアコンの所有権がある

業務用エアコンをリースするとエアコンの所有権が発生しませんが、当然ですが購入した場合には自身にエアコンの所有権があります。もし何らかの事情で業務用エアコンを手放すことになっても自由に売却・処分することが可能です。

業務用エアコン購入のデメリット

故障の都度修理費が必要

購入によって業務用エアコンを導入すると、万が一故障などをした場合はその都度修理費が必要となります。リースの場合は故障の際無料で修理してくれるところも多いですが、購入の場合は常に故障をした際のことを考えなくてはいけません。

エアコンは年数が経過すればするほど、故障する確率は上がっていきます。運が悪ければリースで購入した場合よりも総額が高くなってしまった…なんてことも。心配な方は、メーカーや販売業者の修理サポートプランなどに入っていると安心です。

またエアコン導入の総額は安いかもしれませんが、初期費用にはそれなりのコストがかかることも忘れてはいけないポイントです。

自主的に定期点検を行わなければいけない

業務用エアコンは、国が定めているフロン排出抑制法に従って定期的な自主点検を行うことが義務付けられています。

平成27年に施行された「フロン類の仕様の合理化及び管理の適正化に関する法律」により、フロンの排出を抑制するために業務用空調・冷凍機器について、所有者に「点検」「修理」「記録」「報告」「充填」「フロンガス回収者による回収・破壊」などが義務付けられるようになりました。もし1年間にフロン類をCO2換算値で1,000 CO2-ton以上漏えいした事業者は、国に対して報告義務を求められます。

定期点検を外部業者に依頼する場合には、当然経費負担が発生することになるので注意しましょう。

業務用エアコン購入の流れ

問い合わせ

業務用エアコンを購入する場合、まず購入に対応している業務用エアコン設置業者を選びます。そして、業者が指定する連絡手段(電話、メール、Webサイトの問い合わせフォームなど)にて問い合わせしましょう。

詳細の確認

メールやWebサイトから問い合わせた場合、通常だいたい1~3日営業日で折り返しの電話やメールが返ってきます。そこで工事の詳細を確認しましょう。電話の場合は、その場で工事の詳細確認が可能です。

交換の場合、屋外に設置されている「室外機」に記載されている型番を伝えるとスムーズに話が進みます。

現地調査

業務用エアコンの工事費は現場により異なるため、原則顧客立ち合いのもと現地調査する必要があります。

当日、業者のスタッフが実際に現場を訪問します。搬入経路の有無や室内機と室外機との設置距離など、設置するために必要な詳細を確認。また、適切な機種選定を行うため、工事する空間の間取りや寸法、使用用途などを確認します。

見積もり

現地調査後1~3営業日程度を目途に、現地調査の結果を元に見積書が届きます。項目ごとに明快な単価が記載されているかなど、しっかりチェックしておくことがおすすめです。このとき、不明点や疑問点があれば質問しましょう。

複数の業者から見積もりを取り、しっかりと内容を見極めてから選定するとより安心です。定期点検や定期清掃の有無など、設置後のアフターサービスについても確認しておくようにしましょう。

契約

見積書の内容に納得できたら契約となります。取付工事の詳細な日時を決定します。

取付工事

業者が訪問し、取付工事を行います。

まず室内エアコン設置予定場所の養生を行い、取り換えの場合は既設エアコンの撤去。新しいエアコンを取り付け、試運転し、後片付けや清掃、取扱いの説明をして完了となります。使用方法など分からないことがあれば、その場で質問しておきましょう。

購入に対応している主な業務用エアコン設置業者

エアコンセンターAC

エアコンセンターACは、多くの国内主要メーカーを取り扱っています。日本全国施工対応が可能で、お客様の立場を考えたきめ細かい配慮、迅速丁寧なアフターサービスを心がけています。顧客には、個人事業主から上場企業の他、教育、医療、福祉、幅広いお客様を多数抱えており、実績があります。徹底した品質管理(ISO9001)と、環境配慮(ISO14001)を心がけ、設置後もアフター態勢を整えています。

旧型エアコンを撤去処分する際には、産業破壊物処理票やフロンガス回収証明書が必要です。規定外の処分を行うとお客様が罰せられる為、証明書の発行もエアコンセンターで行なっています。

検査課による厳重な施工管理を行い、温度、圧力、電気系統の数値データ採取、10年間、お客様のご購入情報をデジタル保管しております。

メーカー+エアコンセンターAC +工場店(直工)の3者アフターサービスをお客様のニーズに各々対応。ご利用のお客様へアンケートを実施し、「対応」「品質」「価格」などのデータを分析してお客様満足度向上に努めています。

ダイキンHVACソリューション東京

ダイキンHVACソリューション東京が提供しているダイキン「ネットZEAS」は、大手ダイキンブランドです。ダイキンの製品のラインナップを多数揃えております。

エアコンをネットにつなぎ、サポートに活かす取り組みを始めた事が話題になっています。

業務用エアコンがインターネットに繫がる事で、エアコンに異常が発生次第、故障情報をお客様と販売店にメールでお知らせします。もしもの故障の際にも、スピーディに対応します。ダイキンコンタクトセンターは、24時間365日サポート!ダイキンによる手厚いサポートを可能にしたエアコンです。MCPC award2016のユーザー部門で、「モバイルビジネス賞」・「審査委員長特別賞」をダブル受賞※。

※参照元:モバイルコンピューティング推進コンソーシアム/MCPC award 2016
※「あんしんスカイエア」は、2019年4月以降「ネットZEAS」へ変更になっています。

エアコンフロンティア

エアコンフロンティアは、創業1946年の老舗で、施工工事店へ研修制度を行っています。有資格者が品質を高める施工を心がけてくれますので、安心感があります。

また、時期によって、未使用品のアウトレットを開催。最大約80%オフでのアウトレット商品も用意しているようです。

アフターサービスとして、定期点検の他、定期清掃などのメンテナンスにも対応しています。業務用エアコンのアフターサービスとしては、エアコン本体に関するものと、室内機と室外機をつなぐ配管や、配線などの工事に関するものがあり、お客様のニーズや予算に合わせた保守プランを用意しているようです。

※一部のエアコン設置業者を紹介しています。

業務用エアコンリースのメリット

初期費用を抑えられる

リースのメリットとして、まずは初期費用0円で始められることが挙げられます。業務エアコンを購入した場合は初期費用に本体価格+工事費が必要ですが、リースの場合、期間中毎月決まった額を支払うだけでOKです。

そのため、開店・開業したばかりの資金繰りが厳しいオーナーさんにとっては、一度に大きな負担がかからずエアコンを導入することが可能となります。リースならば定期的に最新型のエアコンに切り替えることができ、省エネ効果が高い製品を利用することもできます。新機種に変更したことにより、月々の電気代がコストカットできたといった例もあるようです。

節税効果が期待できる

毎月のリース料税法上、賃料として経費で処理することができるため節税効果があります。一括購入時などに発生する減価償却計算なども不要です。また、リース会社が所有しているという仕組みになっているため、固定資産にも計上されません。

リースは「借入れ」扱いではないため、長期の資金導入と同じ効果をもちながらも銀行の借り入れ枠には影響を与えません。支払い額を月々一定に設定出来ますので、設備投資のコストを正確に認識できることもメリットと言えるでしょう。

業務効率化が図れる

業務用エアコンを購入した場合、償却事務や諸税の申告・納付、保険の諸手続きなどさまざまな管理事務処理が発生します。リースならばこれらの事務すべてをリース会社に任せることができるので、業務効率化が図れるでしょう。導入に対して手間がかからないため、法人や業務で利用する場合にはおすすめです。

修理費が無料になる場合もある

リースの場合、業者によっては修理費が無料になることもあります。修理保証付きリースならば、リース期間中何度故障しても修理費が0円なので予定外の出費を抑えることができるでしょう。火災・落雷・盗難などといった偶発的な事故が発生した場合には不動産保険が適用されるため、不備の出費の不安も解消されます。

業務用エアコンリースのデメリット

中途解約ができない

業務用エアコンのリースのデメリットは、中途解約が不可能な点です。もし自己都合の中途解約となった場合、自己負担でリース会社に返却したうえで残りのリースの全額をリース会社に損害額として支払う必要が出てきます。

リース取引はリース会社からお金を借りる金融取引なので、リース会社が当初購入した時に要した全額を返済する必要があるのです。万が一に備え、リース契約期間を月額を支払うことの出来る余裕を持つようにしましょう。

本体価格のほかの料金がかかる

リースの場合、業務用エアコン本体の販売価格に固定資産税や保険料、金利など加算されることになります。そのため、どうしても購入する場合よりも支払い総額が割高になります。

事前審査が必要

リース契約をする際は事前の審査が必要となります。個人事業主であれば個人、会社であれば会社が審査対象です。ハードルはそれほど高くありませんが、もし審査に通らない場合はリースは利用できません。借金があったり設立して間もなかったりすると、注意が必要です。

所有権がない

業務用エアコンをリースで導入すると、所有権はリース会社のものとなります。そのため、契約満了時に業務用エアコンを返さなければいけません。ただし、リース契約によっては、リース期間満了後も再リースとして延長する事が可能です。

再リースとは、当初のリース料に比べ割安なリース料で継続して利用できる契約のことを指します。また、リース会社によっては完済後3ヶ月分の月額料金を支払うことで自己所有に出来る場合もあります。

業務用エアコンリースの流れ

見積もり

業務用エアコンをリースする場合、まずは電話やメール、Webサイトなどによってリース会社へ見積もりを依頼します。

業者によって費用やサービス内容が異なるため、必ず見積もりは複数の業者から取るようにしましょう。会社によっては故障時に補償してくれたり、契約満了時に所有権移転をしてくれたりするところもあります。

予審と現地調査

業務用エアコンをリースする場合には審査が必要になりますが、そのためには概算見積もりの時点で予審を通過しておかなければなりません。

予審に通れば現地調査が行われます。実際の設置環境や空間の広さなどを調査し、現地に合うエアコンを選びます。気になる点や疑問などがあれば、余すところなく相談しておきましょう。現地調査後、正確な見積もりが提示されます。

本審査・契約

見積もり内容に問題がなければ、本審査と契約を行います。審査は、個人事業主の方は個人が、会社であれば会社が審査対象です。

審査は、リース会社にもよりますが専用の申し込み用紙と身分証明書のコピーを提出する場合が多いです。申し込み用紙に記入、郵送やFAXで送信し、最短1~2営業日程度で回答が得られます。場合によっては、連帯保証人が必要となります。

設置工事

契約が終われば、業者によって設置工事が行われます。設置に問題がないようでしたら、後は決められた契約期間までリース料金の支払いを続けます。

業務用エアコンのリース費用は、機種や工事内容によって異なります。

リースに対応している主な業務用エアコン設置業者

エアコンセンターAC

エアコンセンターACは、月額リース料4,200円〜、リース期間4〜8年と多種多様なプランを用意しています。初期費用(機器、工事代金など)無料で行い、面倒は管理事務作業は不要です。新しい機種を積極的に活用する事により、省エネ効果で実質負担額も軽減。CO2も大幅に削減可能。修理保証付です。

リースでご契約頂くのなら、故障等の修理費はいりません。メーカーダイレクト保証で24時間365日受付対応を可能としています。

ダイキンHVACソリューション東京

ダイキンHVACソリューション東京が提供しているダイキン「あんしんスカイウェア」は、7年〜のリース契約を行っています。
※「あんしんスカイエア」は、2019年4月以降「ネットZEAS」へ変更になっています。

空調本体+工事費+通信機能+10年メーカー保証。故障時の修理費0円。エアコンの運転状況をインターネットから見守っています。異常を発見しますとすぐにメールでお知らせします。迅速な修理対応が可能です。

「快適」「最新」「省エネ」をモットーに、新しい機種を利用することにより、月々の電気代のコストカットが期待できます。

エアコンフロンティア

エアコンフロンティアのリース契約は、3年〜7年です。月額のリース料は安価な3,100円〜と、リース契約プランに関しても、多様なプランを用意しており、お客様の様々なニーズに対応します。メンテナンスリースをご契約頂きますと、リース期間中は、修理費無料。引き続き、再契約を行なって頂く場合は、リース料がお安くなるようです。

※一部のエアコン設置業者を紹介しています。

業務用エアコンのリースとレンタルの違い

リースで契約する場合、エアコンを借りることになります。ここで覚えておいて欲しいのは、リースとレンタルの違いです。双方とも「物品を借りて利用する」という点では共通していますが、契約の仕組みや特徴に大きな差異があります。

リースとレンタルの違いは「契約期間」です。リースは一般的に3年~7年、長ければ10年以上といわれており、中長期間の契約になります。そのため、業務用エアコンをはじめ、コピー機や工業機械など長く使い続けるものは、基本的にリースで提供されています。

これに対してレンタルは短期間の契約です。月単位や週単位、さらに日単位で借りることもできます。レンタカーやレンタルビデオなど、一時的に使用できるだけで十分なものが、レンタルの対象となります。

また、取り扱っている物品の性質も異なります。リースは借りる側の希望に合わせて、リース会社が物品を購入した上で貸し出すため、基本的に新品が提供されます。一方、レンタルはあらかじめレンタル会社が保有している物品を借りることになるため、ほとんどが中古品です。

その他の違いとしては、保守・修繕義務の有無が挙げられます。リースなら借りる側、レンタルならレンタル会社側に保守・修繕義務があります。

レンタルのメリット・デメリット

リースと同じく、レンタルにもメリット・デメリットが存在します。

レンタルにおけるメリットは、必要なものを必要な時にだけ借りられることです。最短1日という短期間でも契約を結べる上、リースと違って中途解約ができるため、より柔軟に利用することが可能です。保守・修繕義務もないため、必要以上の責任を抱えずに済みます。また、レンタル終了後はすぐ返却することになるので、物品の保管場所に悩まされることはありません。

さらに、支払い管理がレンタル料金の分だけで済むこともメリットです。償却経理事務、損害保険加入、固定資産の申告・納付事務といった面倒な事務手続きがないため、事務処理にかかる負担をさらに軽減できます。

一方、レンタルのデメリットは料金設定が高いことです。1年未満の短期契約ならレンタルのほうが割安ですが、それ以上の中長期契約となるとリースより割高になってしまいます。これは、代替機交換などのサービス費用がかかってくるためです。

そして、レンタル契約の場合、レンタル会社が保有する物品から選ぶことになるため、リースほど選択肢が多くありません。必ず新品が提供されるリースと違って、レンタルは中古品が基本です。そのため、型落ちした機器が提供されたり、使用感が気になったりする可能性があることも覚えておきましょう。

リース期間満了後はどうなる?

業務用の大型エアコンを契約する場合は、購入ではなくリース契約を結んで導入するという方法があります。その場合、気になるのが契約終了後の取り扱いについて。リースにはもちろん、いつまでの契約という「契約期間」があります。
ここでは、エアコンのリース期間が満了するとどうなるのか、いくつかのパターンをご紹介します。

契約満了後は4通りの選択肢

リース契約が満了すると、基本的には4通りの選択肢が提示されます。設置している場所の都合や契約内容などで、どれを選択するべきか考えるようにしましょう。

レベルアップ更新

リース契約を更新した上で、新しい機種にグレードアップする方法です。リース料は基本的には大きく変わらず、最新かそれに近いものに入れ替えられます。機器が新しい分、省エネ効果も向上している場合が多いため、経費面ではむしろ安上がりになるかもしれません。長く契約を続けていくのであれば、レベルアップ更新がおすすめだと言えそうです。

再リース

同じエアコンをそのまま使用し続ける契約です。再リースの場合、毎月支払う金額は大きく下がるケースが多くなりますが、場合によっては総額こそ下がるものの、年間一括払いになることもあるようです。もし、現行機種の性能に満足しているのであれば、そのまま使い続けるのも一つの手です。使い勝手も把握できているため、いちいち使い方を覚え直す必要がないことも大きなポイントです。

買い取り

使い続けたエアコンを買い取るというパターンです。まとまったお金を払うことで、完全に自社のものとして使用し続けられます。ただし、メンテナンスなどについては契約に含まれていたものが外れるというケースもあるため、契約内容については事前に確認しておくようにしましょう。

撤去・返還

場合によっては、エアコンを撤去、または返還するといったこともあるでしょう。リース契約で使用していたが、何かしらに不満があった場合には、契約期間満了のタイミングで今後の継続について冷静に検討する必要もあるでしょう。撤去費用は、契約によって無料なのか自社負担なのかが分かれています。どのような契約内容になっているのか、契約を結ぶ前にしっかりと確認しておくことが大切です。

まとめ

エアコンは業務用規模になると、非常に高額な費用がかかる場合があります。オフィスや施設の立ち上げに際して、まとまった金額が用意できない場合はリース契約がおすすめだと言えます。
契約内容にもよりますが、リース契約をしておくと、メーカーからのメンテナンスやサポートが安定的に受けられるといったメリットがあります。また、リース料金は基本的に経費で処理できるため、一括買い切りよりも、税金面でお得になることもあります。さらに、契約によっては保険が適用されることもあるため、天災などによる不具合が生じた際にも保険で対応が可能になります。

もちろん、途中解約が認められないなど、リースにもデメリットがないわけではありません。しかし、長くエアコンを使っていくのであれば、リース契約にしておくメリットは多くあります。上記のようなリース契約満了後の対応も含め、適した導入方法を検討するようにしましょう。
もし分からないことがあれば、業者に問い合わせてどれがおすすめか確認するといいでしょう。

業務用エアコンおすすめ業者3選

当サイトで紹介している業務用エアコン販売会社の中から、自社販売で、万が一の時も安心な24時間365日の電話サポート対応をしてくれるところを保証年数の長い順に3社ご紹介します。(2021年11月時点)オフィスや店舗に欠かせない業務用エアコンの導入をご検討されているなら、ぜひ参考にしてください。

リーズナブルな
料金と充実の
サポートが魅力

ダイキンHVAC
ソリューション東京

ダイキン ネットZEAS公式キャプチャ

引用元:ダイキンHVACソリューション東京公式HP(https://www.daikin-hvac-tokyo.co.jp/anshin/)

保証年数

10年

特徴

  1. 初期費用0円で導入可能
  2. 月々8,700円(税抜)から利用可能
  3. 24時間365日サポートを受けられる
公式サイトを見る 電話で問い合わせる

迅速対応&
多数のメーカー
取り扱い

株式会社シャインエアー

シャインエアー公式キャプチャ

引用元:株式会社シャインエアー公式HP(https://www.shine-air.co.jp/)

保証年数

7年

特徴

  1. 対応が迅速
  2. 幅広い提案を行ってくれる
  3. 多数のメーカーを取り扱っている
公式サイトを見る 電話で問い合わせる

受付から提案、
アフターフォロー
まで

ACNエアコン

ACNエアコン公式キャプチャ

引用元:ACNエアコン公式HP(https://www.acn-aircon.com/)

保証年数

期間の記載無し

特徴

  1. リース契約なら初期費用0円で導入可能
  2. 環境に適した商品とサポート
  3. 安心・快適に使えるよう先進のサポート
公式サイトを見る 電話で問い合わせる

※保証期間参照元
ダイキンHVACソリューション東京公式HP:https://www.daikin-hvac-tokyo.co.jp/anshin/(2021年11月時点)
株式会社シャインエアー公式HP:https://www.shine-air.co.jp/lease/(2021年11月時点)
ACNエアコン公式HP:公式HPには期間の記載はありませんでした(2021年11月時点)

安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_サイド

おすすめ業務用エアコン業者15社

メーカー別|業務用エアコン

設置場所別|おすすめ業務用エアコン

業務用エアコンの種類について

意外と知らない業務用エアコンの知識

サイトマップ

Copyright (C)価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド All Rights Reserved.