価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド

あなたの職場にピッタリな業務用エアコンを徹底調査!

価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド » 意外と知らない業務用エアコンの知識 » 業務用エアコンの節電方法

公開日: |更新日:

業務用エアコンの節電方法

業務用エアコンおすすめ業者3選

当サイトで紹介している業務用エアコン販売会社の中から、自社販売で、万が一の時も安心な24時間365日の電話サポート対応をしてくれるところを保証年数の長い順に3社ご紹介します。(2021年11月時点)オフィスや店舗に欠かせない業務用エアコンの導入をご検討されているなら、ぜひ参考にしてください。

リーズナブルな
料金と充実の
サポートが魅力

ダイキンHVAC
ソリューション東京

ダイキン ネットZEAS公式キャプチャ

引用元:ダイキンHVACソリューション東京公式HP(https://www.daikin-hvac-tokyo.co.jp/anshin/)

保証年数

10年

特徴

  1. 初期費用0円で導入可能
  2. 月々8,700円(税抜)から利用可能
  3. 24時間365日サポートを受けられる
公式サイトを見る

迅速対応&
多数のメーカー
取り扱い

株式会社シャインエアー

シャインエアー公式キャプチャ

引用元:株式会社シャインエアー公式HP(https://www.shine-air.co.jp/)

保証年数

7年

特徴

  1. 対応が迅速
  2. 幅広い提案を行ってくれる
  3. 多数のメーカーを取り扱っている
公式サイトを見る

受付から提案、
アフターフォロー
まで

ACNエアコン

ACNエアコン公式キャプチャ

引用元:ACNエアコン公式HP(https://www.acn-aircon.com/)

保証年数

期間の記載無し

特徴

  1. リース契約なら初期費用0円で導入可能
  2. 環境に適した商品とサポート
  3. 安心・快適に使えるよう先進のサポート
公式サイトを見る

※保証期間参照元
ダイキンHVACソリューション東京公式HP:https://www.daikin-hvac-tokyo.co.jp/anshin/(2021年11月時点)
株式会社シャインエアー公式HP:https://www.shine-air.co.jp/lease/(2021年11月時点)
ACNエアコン公式HP:公式HPには期間の記載はありませんでした(2021年11月時点)

自宅のエアコンと違い、オフィスや店舗に取り付けている業務用エアコンは、自分の都合で室温を調整できません。

来客のある店舗であれば、夏は涼しいほうが滞在率は上がります。オフィスでも室温が高すぎるとスタッフの体調が悪くなったり集中力の低下で効率が悪くなったりすることもあるでしょう。

快適な室温を保つ必要性のある業務用エアコンは、「スイッチをオフする」ことや「設定温度を高くする」ことでの節約は難しいもの。

ここでは、経営者や管理者が知っておきたい業務用エアコンの節電の方法について紹介しています。簡単かつすぐ できる方法もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

業務用エアコンの節電する方法は

業務用エアコンと言っても節電方法は基本的に家庭用エアコンと変わりません。

上記の3点が代表的な節約方法です。

使用している場所によって電力を使っている項目が違うため対応方法も少しずつ違います。

例えば、工場で使用している業務用エアコンの場合、消費電力の多くを機械などから出てくる熱を処理するために使っています。

オフィスや店舗で使用している業務用エアコンは、温度と湿度の調整に電力を消費しています。

天気や季節に合わせて温度を調節する

人が快適に感じる温度は季節によって変わります。体温と外気温の差が少なく、快適に過ごせる温度は以下の通り。

夏場はエアコンを25度に設定していても「暑い」と感じることがあります。人間の体の仕組み上、外気温と湿度によって体感温度が変わるためです。温度が高い場合、発汗により体の熱を放出しますが、湿度が高いと上手く汗を出せず熱を下げられなくなってしまいます。反対に湿度が低い環境であれば、室温が27度前後でも快適と感じられます。湿度が高くなりやすい夏場は特に温度・湿度ともに確認して温度調節をおこなうと良いでしょう。

換気をおこなう

オフィスや店舗ならば、温度設定を下げずに除湿器や加湿器を使用するだけで体感温度が変わることがあります。

同じ気温でも湿度の高い日と低い日で過ごしやすさが違うことでも、湿度によって快適度合いが違うのが想像できますよね。

もっとも簡単なのは換気をおこなうことです。室内は人が密集しているため温度・湿度が上がりやすい状態です。窓を開けることで水分も熱も少ないほうへ向かうため、部屋の温度は下がり湿気も少なくなるでしょう。

外の温度が高く湿度も高い場合は、除湿器をつける、新聞紙や木炭などの湿気を吸い取るアイテムを置くのがおすすめです。

節電は大事なことですが、除湿をおろそかにするのはおすすめできません。コピー機やレジ、パソコンは熱にも水分にも弱いためです。エアコンの節電のために、ほかの機器の修理代や購入代がかからないよう注意しましょう。

クリーニングをおこなう

自宅のエアコンの管理でも、室内機の清掃をこまめにおこなっている人は多いのではないでしょうか。業務用エアコンも同様に定期的なクリーニングが必要です。

エアコンのクリーニングは、フィルター清掃とは別の作業という点に注意しましょう。業者に依頼し、洗浄機や洗剤を使用しておこないます。クリーニング費用は会社によって異なります。

業者ごとに使用している洗浄機や洗剤も異なるので、比較して決めるのをおすすめします。

このサイトでは業務用エアコンを取り扱う業者を紹介しています。クリーニングなどのサービスの有無も紹介しているので、比較の際の参考にしてみてください。

清掃費用やクリーニング費用を節約するために、社員やスタッフ、ご自身で清掃される場合は「作業範囲」に注意するようにしましょう。メーカーで補償していないフィルター内部の清掃やネジを外して清掃をしてしまうと故障の際に補償の対象外となる可能性があります。

自分でできる業務用エアコンの節電方法

節電の基本はフィルターの目詰まりを防ぎ、必要以上のパワーを消費しないようにすること。室内機のホコリを払うように心がけてみましょう。

また、油を含んだ空気はホコリをこびりつけてしまう原因になりますし、べたつきが出てエアコンのファンの動きが悪くなることも。できる限りエアコンのそばで調理をしない、油を使った作業をしないようにするのも大切です。

エアコンの室外機は、室内機から取り入れた熱を放出する役割をしています。室外機のそばに物を置いてしまうと熱をうまく放出できず故障の原因になります。故障して消費電力を調整できず料金が高くなってしまうことがあります。

個人経営の店舗やオフィスでは、「基本料金を下げる」ことも一つの方法です。現在使用している電力を調べて、本当に必要な電力をチェックしてみましょう。

最後に、エアコンは年々省エネルギーで稼働できる商品が販売されています。購入したのが5年、10年前であれば、新しく業務用エアコンを買うだけで消費電力が下がることもあります。また、2023年は電気料金の見直しによりこれまでより負担が大きくなったと感じる方も多いはずです。省エネ性能が高い業務用エアコンも登場していますのでこの機会に見直してはいかがでしょうか。

プロにお任せ!外注でできる節電方法

業者からエアコンを購入した際に、定期クリーニングや定期フィルター清掃、検査などがついている場合もあるでしょう。上手に活用することでホコリや故障による消費電力のアップを予防できます。

また、プロの業者であれば取り付けている業務用エアコンと最新の業務用エアコンの消費電力の違いもわかります。

買い替えた方が得なのか、メンテナンスを続けた方が得なのかも教えてくれます。

また、具体的なメーカーを例に挙げて紹介すると、ダイキンでは運転状況グラフによって使用しているエネルギーが可視化されるので、無駄な利用を見つけやすくなりますし、消費電力が急激に上がるなどの異常をメールでお知らせするサービスがあります。

日立は省エネを意識したセンサーを搭載人勧センサーがついているので、無駄な電力消費を抑え節電します。

エアコンはメンテナンスで節電!買い替えも検討すると〇

ホコリや汚れによって空気の循環が悪くなって消費電力が上がりやすいエアコンにとって、「掃除は節電」です。

自分でできる方法では室内機のホコリ掃除、室外機の熱放出を妨害しない、基本電力を下げる、タイマー機能を使うなどです。

それ以外にも定期的にエアコンを購入した業者にクリーニングを依頼するようにしましょう。天井に埋め込むタイプであれば1~2年に1回のクリーニングが目安です。

5~10年以上使用しているエアコンがあるならば、新しい省エネ機能付きのエアコンに買い替えるのも一つの手です。サイト内では業務用エアコン業者の情報を紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

電気料金は値上がり傾向に

日頃から使用している電気ですが、さまざまな要因によって値上がりしていくことがあります。同じように電気を使用していても、気がついたら以前より多くのお金を払うことになっていた、というケースがあるので、電気代に関してはしっかりとチェックしておくことが必要です。

値上がりの原因

電気代の値上がりの要因としては、電気を発電するための燃料コストが上がってしまっている、ということが挙げられます。発電をするための石油や天然ガスなどは外国から購入することが大半ですが、社会情勢の変化などによって、これらが値上がりすることがあります。その結果、電気代にも値上がりが反映してしまうのです。

電気代を抑えるために、業務用エアコンを使う際にも、節電は心掛けるようにしましょう。

安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_サイド あなたの会社の業務用エアコン節電対策!コストゼロできる電気代削減

おすすめ業務用エアコン業者15社

メーカー別|業務用エアコン

設置場所別|おすすめ業務用エアコン

業務用エアコンの種類について

意外と知らない業務用エアコンの知識

サイトマップ

Copyright (C)価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド All Rights Reserved.