価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド

あなたの職場にピッタリな業務用エアコンを徹底調査!

価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド » 意外と知らない業務用エアコンの知識 » 業務用エアコンの寿命

公開日: |更新日:

業務用エアコンの寿命

業務用エアコンのいわゆる「寿命」に関する知識についてまとめています。業務用エアコンはどれくらいの期間使用できるものなのでしょうか。業務用エアコンの耐用年数をはじめ、業務用エアコンの寿命をのばす方法についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

「寿命」と「耐用年数」の違いは?

どんな製品にも、いわゆる「寿命」があります。家電製品や設備機器も、故障してしまったり、故障がもとで機能しなることもあります。業務用エアコンに関しても、製品寿命は訪れます。使用している業務用エアコンの寿命があとどれくらいで、いつまで使い続けられるのかを知っておくと良いでしょう。

また、製品寿命とは別に、家電製品には「耐用年数」があります。業務用エアコンのように、ビジネスで使用される設備機器において、耐用年数とは、減価償却にも関わる大切な参考値。似たような意味で捉えられる「寿命」と「耐用年数」ですが、違いについて詳しく解説していきます。

耐用年数使用できる年数の目安

耐用年数という言葉は、一言で言えば、「この製品は、これくらいの年数のあいだ、壊れずに機能しますよ」というように、目安となる年数を法的に示したものです。法的表現としては「法定耐用年数」という法律用語に表されます。すべての製品に対して「その製品がどれほどの期間にわたって使用に保つことができるか」を、あらかじめ年数を見積もって示さなければならないことが、税法で定められているからです。

法律と言うと少し複雑なようにも感じられますが、耐用年数とは、法律によって事前に示されている、目安となる使用年数のこと。耐用年数を知ることで、消費者は製品を購入する前に参考とすることができます。

一方で「寿命」とは、一般的に、「実際に製品が故障して機能しなくなくなるまでの期間」のことなので、実際に壊れた後にわかる年数、ということです。1つひとつの製品がすべて、定められた耐用年数通りに使えなくなるわけではないため、場合よって耐用年数より早かったり、その反対に長く使えている場合もあります。

耐用年数で減価償却費を算出できる

経営者や備品の管理責任者にとって、耐用年数は、「減価償却」に関わる重要な指標です。

事業で使用する備品や設備を購入した際、例えばペンなら「事務用品費」といった具合に勘定科目をつけて経費します。自動車やパソコン、エアコンといったかかる金額が大きい製品であれば、一度に全額計上するのではなく何年かに分割して計上する、というルールがあります。このルールは金額が大きい製品が対象というだけでなく、使用目的が長期に渡る製品とも言えるでしょう。年月が経過することによって取得時と比べると徐々に品質や性能が劣化していきます。この下がった価値に対する経費として、「減価償却費」という勘定項目が当てられ計上されます。

耐用年数は、こういった減価償却費を費用化するために必要な数値です。仮に100万円で業務用エアコンを購入した場合、そのエアコンの耐用年数が10年と定められていれば、1年あたりの減価償却費は10万円になります。これに応じて、固定資産税のひとつである「減価償却税」も定められることになります。ちなみに、建物と一体的に機能する業務用エアコンは、「建物付属設備」として資産灌頂されるので、参考までに覚えておくと良いでしょう。

業務用エアコンの耐用年数は、 15年、13年、6年

業務用エアコンの耐用年数は、それでは、どの程度あるのでしょうか?法的に定められている耐用年数は、業務用エアコンの種類によって異なります。種類の見分けかたはシンプルで、下記の種類に応じて、15年、13年、6年の種類のうちのいずれかになるのです。

  1. ビルドインタイプ:15年
  2. 出力22キロワット以下のビルドインタイプ:13年
  3. 上記以外:6年

①の業務用エアコンは、建物設備の一部となって機能している冷房や暖房、通風、ボイラー設備を指します。ダクトタイプの業務用エアコンもこれに含まれます。建物を建築するさいに、業務用エアコン用のダクトを配管しなければならないものです。このタイプが最も耐用年数が長いものになります。

②のタイプは、①と同じですが、出力が22キロワット以下のものです。このタイプの業務用エアコンは、耐用年数が13年とされます。

最後の③のタイプは、単純に建物に設置されている空調設備とみなされます。天井埋め込みタイプ、壁掛けタイプ、床置きタイプ、天吊りタイプなど、いずれのタイプも、耐用年数は6年です。

このように業務用エアコンは、その種類によって耐用年数が異なり、これに応じて減価償却費と税金も変わります。事業で使用している業務用エアコンが、どの種類に当てはまるのか、しっかりと把握していることが重要です。

業務用エアコンの寿命を延ばす方法は?

業務用エアコンの耐用年数について見てきましたが、定められている耐用年数がそのまま実際の寿命というわけではありません。設備機器の寿命は、定期的にメンテナンスなどを行うことで、耐用年数を超えて使用し続けることもできるのです。

業務用エアコンを導入するコストは、決して安くはありません。耐用年数を超えて使用できればできるほど、費用対効果は長くなりますし、反対に、適切な使用方法を守らなかったり、メンテナンスを怠ったりすれば、耐用年数の半分で寿命を迎えてしまうこともあるのです。だからこそ、寿命を延ばす方法は、ぜひとも知っておくべきポイントです。

そこで下記では、そんな業務用エアコンの寿命を延ばす方法をみてみましょう。

定期的に清掃を行う

業務用エアコンの寿命を延ばすために最も大事なことは、定期的な清掃です。確かに業務用エアコンは冷暖房の出力が家庭よりもずっと高いうえ、構造も複雑にできているため、清掃はしづらいかもしれません。しかし、フィルターの清掃なら特別な知識がなくとも可能です。おおよそ1ヶ月に1回程度はフィルターの掃除を行いながら、同じタイミングで、内部に異常がないか点検するようにしましょう。

フィルターの清掃を心がければ、寿命が延びるだけでなく、エアコンの熱交換の効率性も高まり、電気代の節約にもつながります。

定期的にメンテナンスを依頼

業務用エアコンの寿命を延ばすためには、専門業者による定期的な点検・メンテナンスが欠かせません。自ら清掃したり、点検することももちろん大事ですが、やはり専門業者に依頼することができれば、素人では見ることができない部分の点検や故障などにも対応できます。

業務用エアコンの製品によっては、点検・メンテナンスが定められているものもあります。定期メンテナンスを実施することで破損している部品や修理が必要な部分を早期に見つけ出すことができるため、徹底してみてもらいましょう。

耐用年数が過ぎたものほど細かくメンテナンスを

上記の取り組みで、業務用エアコンが耐用年数を超えても稼働するようなれば、ますます大事になるのが点検・メンテナンスです。繰り返しになりますが、耐用年数を超えて修理代やメンテナンスの費用を惜しんでしまうと、ある日、「突然機能しなくなった」という緊急事態が発生するかもしれません。

耐用年数を大幅に超えるようになれば、逆に、修理に必要な部品が製造されていなかったり、修理費用が新品を購入するよりも高くなってしまうことがあります。長く使用し続けるほど、定期的な点検・メンテナンスがますます欠かせなくなるのです。

業務用エアコンおすすめ業者3選

当サイトで紹介している業務用エアコン販売会社の中から下記選定基準でピックアップ。
リース・保証期間が最長・・・ダイキンネットZEAS
取り扱いメーカー数が豊富・・・空調エキスパート.com
老舗の安心施工・・・エアコンフロンティア

少しでも長く業務用エアコンを維持したいなら

ダイキン
ネットZEAS

ダイキン ネットZEAS公式キャプチャ

引用元:ダイキン ネットZEAS(https://www.daikin-hvac-tokyo.co.jp/anshin/)

特徴

  1. 世界シェアNo1!
    安心のダイキンブランド
  2. お知らせメールとメーカー直結の迅速な修理対応!
  3. 故障をしても修理費0円(10年保証)
公式サイトを見る 電話で問い合わせる

高品質の施工を
低価格で提供できる

空調エキスパート.com

空調エキスパート.com公式キャプチャ

引用元:空調エキスパート.com(https://kucho-ex.com/)

特徴

  1. お客様が満足できる低価格を実現している
  2. 有資格者が工事を担当するため安心
  3. 万全のアフターサービス体制を用意
公式サイトを見る 電話で問い合わせる

安心できる老舗で
業務用エアコンを選ぶなら

エアコンフロンティア

エアコンフロンティア公式キャプチャ

引用元:エアコンフロンティア(https://aircon-f.co.jp/)

特徴

  1. 創業1946年の老舗
  2. 品質を高める提携の工事店への研修制度
  3. 安心の有資格者による施工
公式サイトを見る 電話で問い合わせる
安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_サイド

おすすめ業務用エアコン業者15社

メーカー別|業務用エアコン

設置場所別|おすすめ業務用エアコン

業務用エアコンの種類について

意外と知らない業務用エアコンの知識

サイトマップ

Copyright (C)価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド All Rights Reserved.