価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド

あなたの職場にピッタリな業務用エアコンを徹底調査!

業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド » 意外と知らない業務用エアコンの知識 » 業務用エアコンの選び方

業務用エアコンの選び方

業務用エアコンの選び方

新たに店舗を出店する際、空調機器は必ずと言っていいほど必要になる設備の一つです。しかし、業務用のエアコンは家庭用のものとは勝手が違い、購入する機会もなかなかないため、どんなものを選べばいいか困ってしまうことも多いでしょう。このページでは、業務用エアコンの選び方について、いくつかの注目すべきポイントを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

馬力で選ぶ

業務用エアコンを選ぶ際、重要になる要素の一つが馬力の選定です。馬力が足りなければ、設定温度に到達するのに時間や負荷がかかり、エアコンの効きが悪くなるだけでなく、十分な温度にならない可能性も出てきます。その場合、常にエアコンがマックスの状態で稼働することによって電気代も余計にかかりますし、エアコンそのものにも負荷がかかってしまいます。とはいえ、馬力が過度に強力なものを選ぶと、やはり価格もそれなりに高くなります。

エアコンの馬力は、設置場所に必要な算出基準負荷(W/m2)を元に算出し、空間に合わせて選ぶようにしましょう。また、エアコンを取り付ける空間に出入りする熱量、その空間で発生する熱量についても計算する必要があります。

用途で選ぶ

また、エアコンをどのような環境で使うのかも、エアコン選びの際には重要です。同じ面積の空間だったとしても、それがオフィスであれば、パソコンやサーバー、複合機などのOA機器が発する熱によって熱気が生まれます。また、焼き肉店をはじめとして、客席で熱を発するものを使用するような場合も、その空間は暑くなりやすいものです。エアコンを選ぶ際は、どのような空間でエアコンを稼働させるのかを考える必要があると言えるでしょう。

面積で選ぶ

家庭用のエアコンには、それぞれ推奨される部屋の広さがあるように、業務用のエアコンも設置場所の広さを考慮して選ぶ必要があります。上記では、場所の広さによって適合するエアコンの馬力を選ぶと書いていますが、具体的な例を挙げると、一般商店での適合能力の目安は17~38m2(平方メートル)で1.5馬力相当となります。これは、日用品や衣類など、熱を発しない商品を主に取り扱っている店舗の場合で、家電量販店などではもう少し馬力の高いものを選ぶ必要があるでしょう。

飲食店の場合は、17~33m2(平方メートル)で2.5馬力相当が目安になります。これも、たとえばお寿司屋さんと焼肉屋さんとでは状況が変わってきます。同じ面積でも業種・用途が異なるのであれば、それに合ったエアコンを選んでいく必要があります。

室内機の形状で選ぶ

業務用エアコンは、「天井埋込タイプ」と「露出タイプ」が一般的です。天井埋込タイプは、室内機が天井に埋め込まれていることで、見た目がスッキリとして外観を損なわないだけでなく、設置スペースを有効活用することにもつながります。一般的なオフィスでは、このタイプのエアコンが多いでしょう。ただし、後から設置するとなると、天井裏のスペースを確保しなければならないといった問題も出てきます。

露出タイプは後から取り付けるタイプで、筐体が目に見える形となりますが、設置は比較的しやすくなっています。建物の形状の関係で天井埋込タイプが使えない場合も、こちらなら安心して設置できます。

安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選
安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_sp
安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_サイド

おすすめ業務用エアコン業者15社

メーカー別|業務用エアコン

設置場所別|おすすめ業務用エアコン

業務用エアコンの種類について

意外と知らない業務用エアコンの知識

サイトマップ

Copyright (C)価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド All Rights Reserved.