価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド

あなたの職場にピッタリな業務用エアコンを徹底調査!

価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド » 意外と知らない業務用エアコンの知識 » 秋の業務用エアコンの温度設定や対策

公開日: |更新日:

秋の業務用エアコンの温度設定や対策

秋は気温変化が大きい季節。夏のように暑い日もあれば肌寒い日もあり、エアコンの温度設定が難しいですよね。「エアコンを付けないと暑すぎる、でも夏と同じ温度でずっと付けていると寒すぎる…」と、温度調整を間違うと風邪の要因にもなりかねません。

秋の業務用エアコンの使用では、どのような点に気を付ければよいのでしょうか。ここでは、秋の業務用エアコンの温度設定や対策について紹介します。

秋におすすめの設定温度

気温が不安定な秋。業務用エアコンの温度設定は、身体への負担が少ない温度に設定したいものです。一般的に、エアコンは外気温との差を5℃以内に抑えることが理想的と言われています。気温差が激しい秋の温度設定は、28℃にして外との温度変化を少なくすることがおすすめ。28℃では少し暑いと感じる日は、除湿機能を用いて調節するようにしましょう。

風向き調整も検討

秋のエアコン使用では、風向きの調整も検討するといいでしょう。夏は風向きを下向きにしていることが多いですが、秋は風向きの設定を水平にして、直接風が当たらないようにすることがおすすめ。温度変化や人によって体感温度は異なるため、温度調整が難しい秋においては、風向きを調整することもお客さんや従業員にとって快適な空調環境を提供することにつながるのです。

試してみたい!その他の業務用エアコン活用法

夏の節電対策として定着しているグリーンカーテンは、見た目も爽やかで涼しげ。企業のオフィスや公共機関など、その光景を目にする機会も増えてきました。
夏のイメージがあるグリーンカーテンですが、暑さが少し和らいでくる秋に向けて育てるのもいいかもしれません。グリーンカーテンの涼しさが、エアコン稼働の節約にもつながるでしょう。

成長の早いゴーヤであれば、夏から栽培し始めても秋に間に合う可能性があります。ゴーヤは成長が早く、真夏の日差しを浴びると、1日に約10cm伸びます。20日もあれば2mを超すことも。「グリーンカーテンのピークを逃した!」という場合でも、ゴーヤであれば栽培の楽しさを感じながら、節電効果としても期待ができるかもしれません。

「グリーンカーテンは育てるのが面倒…」という方におすすめなのが「遮光ネット」です。遮光ネットは、風はある程度通しますが、窓からの直射日光を遮ってくれる効果があり、夏ほど暑くない秋にぴったりなのです。

コンクリートは熱が溜まりやすいため、暑さ対策には遮熱が大切です。窓だけでなく、外壁全体を覆うとさらに効果が期待できるでしょう。建物の見映えの観点から、遮光ネットの使用が難しい場合は、室外機の日除けにしてもいいかもしれません。室外機を直射日光から遮断することで、エアコンの消費電力を軽減し、省エネ・節電効果が期待できます。

さらに簡単な暑さ対策が、換気や打ち水です。いきなりエアコンを付けるよりも、始めに換気をして室温を下げるほうが、節電の面でも効果的。空気も入れ替わって気持ちが良いでしょう。窓を2ヶ所開けると、より効果的に換気ができます。

水道代はかかりますが、店舗前やエアコンの室外機周りなどへの打ち水も同じく効果があるでしょう。ただし、室外機に直接水をかけるのはNG。故障や事故の原因になりかねないため、室外機の内部には水が入らないように注意しましょう。

秋にやっておきたい!業務用エアコンの「冬支度」

朝晩の気温が涼しくなり、エアコンの使用頻度が低くなる秋にやっておきたいことが「業務用エアコンの冬支度」。暖房を使用する冬に向けて、秋にメンテナンスをしておくことが大切なのです。

秋にやったほうが良い業務用エアコンのメンテナンスは、「送風運転」「パーツの掃除」「フィルター掃除」の3つ。掃除中にエアコンが稼働すると危険なので、掃除の際は事前に電源プラグを抜いておくようにしましょう。

業務用エアコンの点検・クリーニングを行わないと?

エアコンを使用すると、汚れやホコリが溜まります。汚れやホコリが溜まったままエアコンを使用すると、送風口から大量のカビやホコリが放出されることになります。それらを吸い込むことで、アレルギー性鼻炎や呼吸系疾患など、咳を伴う病気になってしまう可能性があるのです。
また、エアコン内部の汚れは運転効率の低下や故障を引き起こす場合もあります。

エアコンの汚れを放置して良いことは一つもありません。夏のフル稼働から落ち着いた業務用エアコンは、秋に一度点検・クリーニングをしておくようにしましょう。

送風運転でカビ対策

エアコン内部を乾燥させることで、カビの発生を防げます。夏の冷房運転中に冷えて結露した水が内部に残り、エアコン内部は高湿度になっています。カビは高湿度の環境下で発生しやすいため、乾燥させて湿度を下げる必要があります。送風運転を3~4時間ほど行って内部を乾燥させましょう。そうすることで、エアコン内部に溜まった水分を乾燥できます。

送風運転機能が付いていないエアコンの場合は、室温が30℃以下のときに設定温度が一番高い冷房運転で稼働させましょう。

パーツの掃除

次に行うのが、熱交換器やファン、通風路、フラップなどといったパーツの掃除です。汚れはカビ菌の養分となるため、掃除をすることで菌の繁殖を防ぎます。汚れている箇所は柔らかい布でふき取ります。汚れがひどい場合は、濡らした布をよく絞ってふき取ると落ちやすくなります。水分が残っているとカビの原因になるため、掃除をした後はしっかりと乾かすことが大切です。

パーツは分解する必要があるため、取り外しが不安な方は専門業者に依頼するといいでしょう。

フィルター掃除

最後はフィルター掃除です。フィルターのホコリを掃除機で吸い取り、必要な場合は水洗いで汚れを取り除きます。フィルターの自動お掃除機能を搭載している機種の場合は、説明書の手入れ方法に従って掃除をするようにしましょう。

秋は「買い替え」のチャンス!

秋は新型モデルの発表が多い時期でもあります。そのため、10月前後は上位モデルが安く買える可能性が高くなります。9月~10月であれば工事予約も比較的取りやすいため、買い替えを検討しているなら、秋はおすすめの時期です。

また、中級モデルも秋が買い時。2月から5月頃にかけて新型が投入されるため、新型モデル発表前の10月~1月頃が安くなる傾向にあるようです。

まとめ

夏のフル稼働期を終え、冬の稼働に向けても秋は業務用エアコンにとって重要な時期。まだ暑い初秋は、設定温度に気を付けてエアコンを使用するようにしましょう。過ごしやすくなる10月~11月はエアコンを休ませる時期。買い替えのチャンスでもあります。現在使用しているエアコンを使用し続けるなら、秋の時期にメンテナンスを行い、冬に備えるようにしましょう。

業務用エアコンおすすめ業者3選

当サイトで紹介している業務用エアコン販売会社の中から下記選定基準でピックアップ。
リース・保証期間が最長・・・ダイキンネットZEAS
取り扱いメーカー数が豊富・・・空調エキスパート.com
老舗の安心施工・・・エアコンフロンティア

少しでも長く業務用エアコンを維持したいなら

ダイキン
ネットZEAS

ダイキン ネットZEAS公式キャプチャ

引用元:ダイキン ネットZEAS(https://www.daikin-hvac-tokyo.co.jp/anshin/)

特徴

  1. 世界シェアNo1!
    安心のダイキンブランド
  2. お知らせメールとメーカー直結の迅速な修理対応!
  3. 故障をしても修理費0円(10年保証)
公式サイトを見る 電話で問い合わせる

高品質の施工を
低価格で提供できる

空調エキスパート.com

空調エキスパート.com公式キャプチャ

引用元:空調エキスパート.com(https://kucho-ex.com/)

特徴

  1. お客様が満足できる低価格を実現している
  2. 有資格者が工事を担当するため安心
  3. 万全のアフターサービス体制を用意
公式サイトを見る 電話で問い合わせる

安心できる老舗で
業務用エアコンを選ぶなら

エアコンフロンティア

エアコンフロンティア公式キャプチャ

引用元:エアコンフロンティア(https://aircon-f.co.jp/)

特徴

  1. 創業1946年の老舗
  2. 品質を高める提携の工事店への研修制度
  3. 安心の有資格者による施工
公式サイトを見る 電話で問い合わせる
安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_サイド

おすすめ業務用エアコン業者15社

メーカー別|業務用エアコン

設置場所別|おすすめ業務用エアコン

業務用エアコンの種類について

意外と知らない業務用エアコンの知識

サイトマップ

Copyright (C)価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド All Rights Reserved.