価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド

あなたの職場にピッタリな業務用エアコンを徹底調査!

業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド » 意外と知らない業務用エアコンの知識 » 点検の重要性

点検の重要性

オフィス店舗飲食店倉庫病院など・・・これらの場所において業務用エアコンは必要不可欠です。

業務用のエアコン管理者には点検が義務化されていることをご存知でしょうか?今回は、業務用エアコンを点検する必要性や点検の内容、また、点検を怠った場合の罰則やリスクなどまでわかりやすく詳しくご紹介します。

フロン排出抑制法により点検が義務化

2015年4月にフロン排出抑制法が改正されました。この法律が施行された背景には深刻な地球温暖化問題があります。オゾン層が破壊する恐れがあるとして、フロンの排出量は世界中で削減していくように取り組んでいるのは周知のとおりです。その中でもフロン排出量の70%を占めている業務用機器が今回この法律の対象となっています。

対象となるのは、冷媒としてフロン類が充填された業務用エアコン(第一種特定製品:エアコン、冷蔵機器および冷凍機器)の管理者です。

管理者は点検はもちろんのこと、以下のことを守らなければなりません。

【遵守事項】

上記の遵守事項は都道府県知事が監督します。

もしも、これらを守らなかった場合は罰則規定があります。

【罰則規定】

業務用エアコンの設置場所・使用環境・点検の規定

業務用エアコンを設置する場合には設置場所や使用環境が大切です。また、定期点検がとても重要です。大きな事故が起こさないためにも、適切な設置場所を選び、定期的に点検を受けましょう。

設置場所

使用環境

点検

すべての機器が対象で、異常音がないか、外観の損傷や摩耗はないか、油漏れ並びに熱交換器に霜の付着がないかなどをチェックする。

3ヶ月に1回以上行い、機器の設置状況や、点検をする人の技術に応じて可能な範囲で良い。また、管理者自らが点検を行うことも可能。

一定規模以上の機器に、簡易点検に加え、専門知識を有する者が行う必要がある点検。

簡易点検と異なり点検は有資格者が行う必要があります。簡易検査と同じく、異音や外観の検査の他に、漏えい個所がおおむね特定できる場合は直接法(発砲液法、電子式漏洩ガス検知装置法、蛍光剤法)などにより点検。その他の場合は、間接法(蒸発圧力などが平常運転時に比べ異常値となっていないかを計測器などを用いて行う点検)により点検。直接法と間接法を組み合わせた点検でも可能。

定期点検の対象機器と点検頻度

定期点検の対象となる機器と点検の頻度は、原動機の定格出力によって異なります。以下の表を参考にしてみてください。

業務用エアコンの規格 点検サイクル
当該機器の圧縮機に用いられる原動機の定格出力が50kw以上の業務用エアコン 1年に1回以上
当該機器の圧縮機に用いられる原動機の定格出力が7.5~50kwの業務用エアコン 3年に1回以上

定期点検で行う内容

定期点検は、業界団体が策定している冷媒漏えい点検ガイドラインなどに準拠した適切な方法で実施することが大切です。

上記で定期点検の方法を簡単に記述しましたが、詳しくご紹介します。

直接法

発砲液法

ピンポイントの漏えい個所の見検知に適しています。漏えいの可能性箇所に発砲液を塗り、吹き出すフロンを検知します。

電子式漏洩ガス検知装置法

電子式の検知器を使用し、配管から漏れるフロンを検知する方法。微量の漏えいでも検知が可能です。

蛍光剤法

配管などに蛍光剤を注入し、漏えい個所から漏れ出た蛍光剤を紫外線ランプを用いて箇所を特定します。

間接法

チェックシートなどを用いて、稼働中の機器の運転値が日常値とずれていないかなどを確認する方法。

定期点検の実施者

定期点検の場合、簡易点検と違い、十分な知見を有する者が行うか、立ち会う必要があります。十分な知見を有するものとは、機器の冷媒回路の構造や冷媒に関する知識に精通したもののことを言います。

具体的には、

となります。

簡易点検とは違い、専門の者が行わなければならないことを知っておきましょう。

定期点検を行わなければどうなる?

業務用エアコンの定期点検は法令で義務付けられていることですので、遵守しなければ罰せられることになります。

点検を怠った場合は、50万円以下の以下の罰金刑が課されることになります。ただし、罰金を支払って済まないような大事故につながるケースもあります。

2018年8月、岐阜市の「Y&M 藤掛第一病院」で入院中だったいずれも80代の男女4人が相次いで死亡した事件がありました。

死亡した患者が入院していた3、4階のエアコンが故障しており、熱中症で亡くなった可能性があるとして業務上過失致死の疑いで捜査されています。

病院側はエアコンの故障を把握しており、また、義務付けられているエアコンの定期点検を怠っていたとのことで、仮に熱中症になって死んでも仕方ないなどと意図的に放置したとすれば、殺人容疑で立件される可能性もなくはないと言われています。

エアコンの定期点検を怠ったことで、ここまで大きな事件になってしまう、ましてや本来人の命を救うべき医師が殺人罪で立件される可能性があるというのです。

しっかりと定期点検を行っていればこの事件は防げたかもしれません。

業務用エアコン管理者が行うこと

業務用エアコン管理者は、前述した点検だけでなく取り組まなければならないことが他にもありますので簡単に紹介します。

フロンが漏えいした時の対処

修理をしないでフロン類を充填する事は禁止されています。

充填回収業者によるフロン類の充填を依頼しなければなりません。

整備の記録と保存

管理者は適切な機器管理を行うために、点検・修理・充填・回収履歴などを記録しなければなりません。期間は機器を廃棄するまでで、紙・電子的記録によって保存することが義務付けられています。

※点検や整備を充填回収業者に委託した場合は、業者に整備記録を依頼するのは可。

フロンの漏えい量報告

保有機器の漏えい量が「1,000 Co2-ton」以上の場合、国へ報告義務があります。

業務用エアコンの定期点検は、従業員や顧客を守る必要不可欠なもの

業務用エアコンの定期点検は法令で義務付けられているから行うだけのものではなく、従業員や大切な顧客を守る必要不可欠なものです。

例えば、飲食店で点検を怠ってエアコンが故障した場合、お客さんだけでなく熱のこもった厨房で働く従業員にも負担ですし、倉庫などの場合、夏は強烈に暑く、冬はとてつもなく寒くなるので従業員の体に大きな負担がかかります。それだけでなく、倉庫に置いてある商品の品質を保つためにもエアコンはかかせません。業務用のエアコンの点検は仕事を円滑にすすめるためにも大切なことです。

点検を怠ったことが原因で先にご紹介した病院のような重大な事故につながる可能性もあり得ます。定期点検には費用がかかるものですが、長く安全を保ち続けるための「安心料」だと思えば決して高くないはずです。

今一度、点検サイクルや、定期点検の重要性について考え直してみてはいかがでしょうか。

業務用エアコンの
おすすめ業者は?
見積もり比較も大公開!

安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選
安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_sp
安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_サイド

おすすめ業務用エアコン業者15社

メーカー別|業務用エアコン

設置場所別|おすすめ業務用エアコン

業務用エアコンの種類について

意外と知らない業務用エアコンの知識

サイトマップ

Copyright (C)価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド All Rights Reserved.