価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド

あなたの職場にピッタリな業務用エアコンを徹底調査!

業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド » 意外と知らない業務用エアコンの知識 » 購入とリースのメリットとデメリット

購入とリースのメリットとデメリット

業務用エアコンを導入したいけれど、まとめて購入すると高額だから今は苦しい…。そんなときに候補に挙がるのがリース契約です。

実は断然!業務用エアコンを導入するのなら、リース契約の方がお得なんです!

でも勿論、メリットとデメリットがあります。

ここでは、そんな業務用エアコンの「購入」と「リース」のメリットとデメリットの両方を説明いたします。

業務用エアコン購入のメリット・デメリット

購入の最大のメリットは、リースに比べて総額が安いことです。

リースの場合は物件金額に対し、リース料率[リース料率=月額リース料÷物件金額(%)(※月額月々の電気代などのランニングコストも追加)]がかかりますが、購入の場合はこの金額がかからないため、リースに比べて、トータル金額の支払いを安く済ませることが可能です。大半のリース契約は3~7年のところが多いので、3年以下で店舗を閉めてしまう予定の方や、一時的な使用の方は購入の方がおすすめです。セール品や中古品購入のチャンスを利用して、購入費用を更に安価に抑える事も可能です。

デメリットは、万が一故障などをした場合はその都度、修理費が必要となる点です。

リースは故障した場合は修理費が無料のところが多いですが、購入した場合は常に故障をした際のことを考えていなくてはいけません。またエアコンは年数が経過すればするほど、故障する確率は上がっていきますので、心配な方はメーカーや販売業者の修理サポートプラン等に入っていると安心です。

また、国が定めているフロン排出抑制法(※環境省規定)に従い、定期点検は自主的に行う必要があります。自費負担となりますので、注意が必要です。

平成27年施行「フロン類の仕様の合理化及び管理の適正化に関する法律」です。フロンの排出を抑制するため、業務用空調・冷凍機器について、所有者(管理者)に「点検」「修理」「記録」「報告」「充填」「フロンガス回収者による回収・破壊」などが義務づけられます。1年間にフロン類をCO2換算値で1,000 CO2-ton以上漏えいした事業者は国に対して報告義務を求められます。

機密廃棄時は、第一種フロン類充填回収者へ依頼し、回収依頼の際は、行程管理票を交付しなければなりません。

一般的に、大型エアコンの寿命は8〜15年が目安と言われています。

エアコンセンターACは、業務用エアコンオンラインショップのナンバー1を誇っています。国内主要メーカー全てを取り扱っています。日本全国施工対応が可能で、お客様の立場を考えたきめ細かい配慮、迅速丁寧なアフターサービスを心がけています。顧客には、個人事業主から上場企業の他、教育、医療、福祉、幅広いお客様を多数抱えており、実績があります。徹底した品質管理(ISO9001)と、環境配慮(ISO14001)を心がけ、設置後もアフター態勢を整えています。

旧型エアコンを撤去処分する際には、産業破壊物処理票やフロンガス回収証明書が必要です。規定外の処分を行うとお客様が罰せられる為、証明書の発行もエアコンセンターで行なっています。

検査課による厳重な施工管理を行い、温度、圧力、電気系統の数値データ採取、10年間、お客様のご購入情報をデジタル保管しております。

メーカー+エアコンセンターAC +工場店(直工)の3者アフターサービスをお客様のニーズに各々対応。お客様満足度のアンケートからは、「営業」「施工」「価格」の3方面から評価を頂いているようです。

ダイキンあんしんスカイエアは、世界シェアナンバー1の安心の大手ダイキンブランドです。ダイキンの製品のラインナップを多数揃えております。

業界初の取り組みを始めた事が話題になっています。

最先端の業務用エアコンがインターネットに繫がる事で、エアコンに異常が発生次第、故障情報をお客様と販売店にメールでお知らせします。もしもの故障の際にも、スピーディに対応します。ダイキンコンタクトセンターは、24時間365日サポート!ダイキンによる手厚いサポートを可能にした最先端のエアコンです。MCPC award2016受賞。

エアコンフロンティアは、創業1946年の老舗で、施工工事店へ研修制度を行っています。有資格者が品質を高める施工を心がけてくれますので、安心感があります。

また、時期によって、未使用品のアウトレットを開催。最大82%オフでの購入施工サービスが実現可能です。

アフターサービスとして、定期点検の他、定期清掃などのメンテナンスにも対応しています。ノーメンテナンスのまま運転し、約4年後に冷凍サイクル内の圧力上昇のため性能が著しく低下した事例と比べ、約40%の電力を削減出来ます。エアコンの寿命を長寿命化させる事も夢ではありません。

お客様のニーズや予算に合わせた様々な保守プランを用意しています。

業務用エアコンリースのメリット・デメリット

リースの最大のメリットは初期費用0円で始められることです。業務用エアコンを購入した場合は少なくとも数十万円多額の費用が必要です。購入費に加えて、工事費も負担することになります。リース契約期間中は毎月決まった額を支払うだけなので、開店・開業したばかりの資金繰りが厳しいオーナーさんにとっては、一度に大きな負担がかからずエアコンを導入することが可能です。エアコン以外にも設備投資が必要な場合にも更に便利です。

常に新しいエアコンを利用できますので、省エネが可能です。新機種に変更しただけで、月々の電気代が最大70%コストカット出来た例もあります。

そして、毎月のリース料は税法上、賃料として経費で処理することが出来ますので、節税効果があります。固定資産税が発生しません。(リース会社が所有している、という仕組みになっているからです。)

支払い額は月々一定に設定出来ますので、設備投資のコストを正確に認識出来ます。

複雑な償却計算、財務管理が不要となり、事務管理の大幅な省略化を図ることが可能です。

偶発的な事故(火災、落雷、盗難など)には、動産保険が適用されます。不備の出費の不安も解消されます。

リースは「借入れ」扱いではない為、長期の資金導入と同じ効果をもちながら、銀行の借り入れ枠には、影響を与えません。

法人や業務で利用するのでしたら、手間のかからないリース契約が、断然お勧めです。

デメリットは、中途解約が不可能な点です。

自己都合の中途解約となった場合、自己負担でリース会社に返却したうえで、残りのリースの全額をリース会社に損害額として支払う必要が出てきます。

リース契約期間を月額を支払うことの出来る余裕を持ちましょう。

また、リース契約の場合は所有権が常にリース会社側にあります。リース期間が過ぎた際には、リースエアコン本体を返却するか、再度リース契約をする必要性があります。

(※リース会社によっては、完済後3カ月分の月額料金を支払えば、自己所有出来る会社もあります。)

エアコンセンターACは、月額リース料4,200円〜、リース期間4〜8年と多種多様なプランを用意しています。初期費用(機器、工事代金など)無料で行い、面倒は管理事務作業は不要です。最新機種を積極的に活用する事により、省エネ効果で実質負担額も軽減。CO2も大幅に削減可能。修理保証付

リースでご契約頂くのなら、故障等の修理費はいりません。メーカーダイレクト保証で24時間365日受付対応を可能としています。

ダイキンあんしんスカイウェアは、7年〜のリース契約を行っています。

空調本体+工事費+通信機能+7年メーカー保証。故障時の修理費0円。エアコンの運転状況をインターネットから見守っています。異常を発見しますとすぐにメールでお知らせします。迅速な修理対応が可能です。

「快適」「最新」「省エネ」をモットーに、最先端機種を利用することにより、月々の電気代を最大70%コストカットも可能です。

エアコンフロンティアのリース契約は、3年〜7年です。月額のリース料は安価な3,100円〜と、リース契約プランに関しても、多様なプランを用意しており、お客様の様々なニーズに対応します。メンテナンスリースをご契約頂きますと、リース期間中は、修理費無料。引き続き、再契約を行なって頂く場合は、リース料が大幅にお安くなります。

業務用エアコンの
おすすめ業者は?
見積もり比較も大公開!

安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選
安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_sp
安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_サイド

おすすめ業務用エアコン業者15社

メーカー別|業務用エアコン

設置場所別|おすすめ業務用エアコン

業務用エアコンの種類について

意外と知らない業務用エアコンの知識

サイトマップ

Copyright (C)価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド All Rights Reserved.