価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド

あなたの職場にピッタリな業務用エアコンを徹底調査!

業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド » 意外と知らない業務用エアコンの知識 » 家庭用と業務用の違い

家庭用と業務用の違い

エアコンには家庭用と業務用がありますが、何が違うのでしょうか?ここでは性能や電気代など、両者の違いについてまとめました。

店舗によってベストなエアコンは異なります。エアコン選びに悩んだ人は、ビジネス向けにエアコンを提供する専門業者に相談してみましょう。

家庭用エアコンと業務用エアコンの違いとは?

基本的な構造にあまり差はありませんが、冷暖房の能力に違いがあります。

3馬力までの家庭用エアコンとは違い、業務用エアコンは1.5~10馬力まで対応可能。より大きな電力で空調を整えられるので、故障の原因となるようなエアコンへの過剰な負荷を抑えることができます。

また業務用エアコンの場合、1つの室外機を複数の室内機と繋げられるのも家庭用にはないメリット。広いオフィスでエアコンを数台導入する場合、スペースにムダを作らず効率的に空調環境を整えることができます。

店舗に合うエアコンを選べば電気代の節約に!

エアコンを選ぶうえで最も気になるのが、月々発生する電気代。省エネ機種を選んで、かかるコストを少しでも抑えたいと考える事業主も多いでしょう。単に機種を選ぶだけでなく、設置する店舗に合ったエアコンであることが重要です。電気代を左右する電源について一度確認してください。

電源の種類は単相と三相の2パターン

業務用と家庭用のエアコンでは、電源の種類が異なります。

一般的に家庭で使う電化製品は、電圧の低い単相の電源を使用。対して大きな産業用の機械には、三相の電源から電気を効率よく送ります。

家庭用エアコンの場合は「単相200V」のみですが、業務用エアコンは「三相200V」だけでなく家庭用と同じ「単相200V」も選択可能。

使用電力が多い場合には三相が用いられますが、新たに引くためには電力会社との契約が必要です。

電気代の料金体系は電源によって変わる!

単相と三相では電気会社との契約が異なるため、店舗の電気使用量によって費用に違いが出ます。

単相は基本料金を安く設定しているぶん、電気を使えば使うだけ電気代がかさむ料金体系。対して三相の場合は基本料金が高くなってしまいますが、使用量料金は低くなるので多くの電力を使用してもコストを抑えられます。

家庭用と業務用では選ぶ時にチェックするポイントが違う

限られた範囲内を冷やすのに適している家庭用エアコンは、畳数に応じて機種を選びます。

反対に業務用エアコンで重視するのは広さよりも「何をする部屋に設置するのか」という点。同じ広さだとしても、利用客やスタッフの出入りが多く、ドアの開け閉めが頻ぱんに行われる店舗であれば、当然馬力が高いエアコンが良いでしょう。また熱を持つ機器が多い美容室や多くのPCを設置しているオフィスも、馬力の高さがカギになります。

面積だけでなく室内の構造や熱・空気の動きも意識しなければ、最適なエアコンは選べないのです。

意外と複雑なエアコン選び!プロに相談するのもひとつの手

エアコン選びで大切なのは馬力なので、家庭用か業務用かによって大きな違いは出ません。しかし電源の種類やかかる電気代など細かい部分では異なります。

電気代のムダをカットするためには、どのようなエアコンが最適なのか判断することが必要です。しかし、熱源の数や店舗の広さなど様々な条件をもとに判断しなければいけないので、知識がない状態でエアコンを選ぶのは至難のワザ。

その場合、オフィスや店舗で使用するエアコンの知識を豊富に持った業務用エアコン業者に相談すると、最適なエアコンを判断してくれます。

月々にかかるコストを抑えて賢く運営したい人は、エアコン業者に一度相談することをおすすめします。

業務用エアコンの
おすすめ業者は?
見積もり比較も大公開!

安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選
安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_sp
安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_サイド

おすすめ業務用エアコン業者15社

メーカー別|業務用エアコン

設置場所別|おすすめ業務用エアコン

業務用エアコンの種類について

意外と知らない業務用エアコンの知識

サイトマップ

Copyright (C)価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド All Rights Reserved.