価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド

あなたの職場にピッタリな業務用エアコンを徹底調査!

業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド » 意外と知らない業務用エアコンの知識 » 水漏れ

水漏れ

業務用エアコンの水漏れ

業務用エアコンを使用していると水漏れがすることがあります。その原因は何なのでしょうか?

この記事では、エアコンが水漏れしてしまう原因と水が発生する理由、自分でできる解決方法を紹介します。

水漏れの原因は?

業務用エアコンの水漏れの原因は、大きく分けて2つあると考えられます。

それは、室内機の異常によるもの、雨水などが浸透して起こるものです。

室内機が原因の場合に考えられる状態

まず、エアコンの内部に異常や破損が見られる場合です。異常が起こる原因として挙げられるのは「汚れ」とされています。掃除がうまくできていない、掃除する時間がなくて放っておいたというケースでは、エアコン内の汚れがドレンパンへ流れ、水をためきれなくなったために水漏れが起こってしまいます。また、ドレンパンの水を排出する道に汚れが溜まっている場合も同じです。

ドレン配管に汚れが溜まっているときも、水が排出できないため水漏れを起こします。この場合の汚れは、ねばねばとした薄黄色~茶色のスライム状であるため、ご自身での掃除は一筋縄ではいきません。定期的な清掃が難しい、掃除しても汚れが落ちないという際には、早めに業者へ依頼するのをおすすめします。早めに見てもらい、クリーニングをおこなうことで、水漏れを起こしたり故障するリスクを抑えられます。

汚れが見られない場合の水漏れでは、室内機の結露の量が多く、排出できずに漏れてしまうこと、エアコンの設置条件が悪いことが考えられます。例えば、傾斜のある部屋に室内機や室外機がある場合。水が流れずに溜まっていき溢れてしまうことも考えられます。

設置場所の見直しをするのも大切です。

雨水が原因の場合に考えられる状態

雨水が原因で水漏れが起こる場合は、ドレン配管に異常が見られるケースが多いと言われています。ドレン配管を覆う断熱材などに雨水が染み込んでいき、内部に水が侵入して溢れ出てしまうためです。経年劣化による破損も考えられますが、近年ではゲリラ豪雨の増加により、テープや断熱材に負荷が掛かり劣化が早まったり破損したりすることが増えているのも原因とされています。雨の日に室内機の水漏れがひどいと感じるのであれば、ドレン配管のチェックしてみると良いでしょう。

外的要因での水漏れの場合、「雨の日に水漏れが多い」などの情報を業者に伝えなければ、劣化や破損に気が付かないこともあります。見た目で分かるほど大きく状態変化が起こらないため、水漏れのタイミングをチェックして、信頼できる業者に相談してみるのが大切です。

どうしてエアコンを使うと水が発生するのか?

エアコンで冷風を出す場合、温かい空気を取り込んで室内機で冷却して排出しているため、冷却部分に結露が起こってしまい水が出てきてしまいます。暖かい部屋に冷たいドリンクを置くとグラスに結露が起こるのと同じです。

また、温風を出す場合、冷たい空気を取り込んで室外機で温めて排出しています。外にある室外機で空気を温めているため、同じように結露が起こります。

エアコンは、どのように利用しても結露による水とは切っても切れない縁になっているのです。

水漏れをそのままにしてしまうリスク

「水漏れがあるような気がするけれど、今は困っていないから放置してもいいのではないか」と考えている人も多いかと思います。

しかし、水漏れを放置してしまうことで、エアコンそのもののトラブルに発展する事例もあります。

例えば、水漏れが汚れによるものであれば、水漏れを放っておくことで異臭を放つようになります。スライム状の汚れにカビが見られたり、水分が腐り腐敗臭を放ったりするためです。

また、異臭を感じても放置していると、汚れによって部品の劣化や破損が進み、コンプレッサーに異常が見られるというケースもあります。

少しの水漏れでも、早めに対処をしないことで、エアコンそのものの故障に繋がり、修理や買い替えをしなければならなくなるかもしれません。

エアコンの水漏れは自分で治せる?

業務用のエアコンの水漏れは、ある程度の範囲であればご自身で対処可能です。

以下のような業務用エアコンをお使いの場合です。

水抜き可能なエアコンの水漏れ解決方法

水抜き可能なエアコンは、パネルを外したときに、四隅のどこかに「ゴム製の水抜き栓」がついているものです。

お風呂の栓のようなものがついていいます。

水抜き方法

  1. 水を拭き取る雑巾と水を汲み取るバケツ、飛び散り防止のビニール袋を用意する
  2. 水がかかって困るものを避ける、避けられない場合はビニールを掛ける
  3. エアコンのパネルを外す(つまみを引いて下にさげることで開きます)
  4. バケツの用意をする
  5. 2人以上でバケツを支え、水抜き栓を外す
  6. 排出口を拭き取り栓を締める
  7. パネルを戻す

バケツを2人以上で持つのが大切です。水漏れが起こるほど水が溜まっているときでは、10L程度の水が出てくることもあります。ケガのないように注意して行いましょう。

【非奨励】水抜き用ゴム栓がある場合の水漏れ解決方法

パネルを開いたときに、さらに内側にパネルのついているタイプのエアコン。

ドライバーを使えば内側のパネルが開ける場合の水抜き方法を紹介します。

※電動ドライバーを使うタイプの機械では、ご自身で対処することで「保証の対象外」になることもあるため、おこなう場合は自己責任であることを認識しておきましょう。

ドライバーでパネルを外し水抜きをする方法

  1. 電動ドライバーもしくはドライバー、バケツ、雑巾、ビニール袋を用意する
  2. 水がかかって困るものを避ける、避けられない場合はビニールを掛ける
  3. 外側のパネルを外す(つまみを引いて外します)
  4. 四隅にある内側の小さなパネルを外す(引っ張って外します、落下防止テープがついているので力加減に気を付けて下さい)
  5. 小さなパネルを落下防止テープごと外し、別の場所へ移動させる
  6. 電気ボックスカバーを外す(ドライバーを使います)
  7. 風圧調整のカプラーと呼ばれる部品(配線でつながっています)を外す
  8. 外装パネルを外す(ドライバーを使います)
  9. バケツを用意する
  10. 2人以上でバケツを支え、水抜き栓を外す
  11. 排出口を拭き取り水抜き栓を戻す
  12. 外装パネル、カプラー、電気ボックスカバー、小さなパネル、外側のパネルを取り付ける

※基本的に保証外の対処法となるため、水抜きそのものも頻繁に行う仕様になっていません。何度も水抜きを繰り返すことで、栓が劣化して水漏れを引き起こす可能性があります。

早い段階でのメンテナンス、クリーニングが大切

業務用エアコンの水漏れの原因は、パーツの破損、汚れによって水があふれてしまう、結露、設置場所の状況、雨である可能性があるとされています。

設置場所に問題がある場合は、傾斜のない場所に移動させる、パーツの破損は業者に依頼して修理してもらいましょう。

溜まってしまった水を排出できるエアコンをお使いの場合は、パネルを開けて水抜き栓を抜き、バケツやビニール袋などに水を移せます。

非奨励ではありますが、ドライバーを使ってパネルを外し、水抜き栓を抜く方法もあります。取扱説明書にない方法である場合、破損や欠損が起こっても、メーカーに対応してもらえなくなってしまいます。どうしても水抜きしなければならないケース以外ではオススメ勧めしません。

室内機に水が溜まってしまわないよう、定期的な掃除をすることで、水漏れを予防することはできます。ご自身でメンテナンスをするのも大切ですが、除去できない汚れもあるため、定期的に業者に依頼するのがおすすめです。

安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選
安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_sp
安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_サイド

おすすめ業務用エアコン業者15社

メーカー別|業務用エアコン

設置場所別|おすすめ業務用エアコン

業務用エアコンの種類について

意外と知らない業務用エアコンの知識

サイトマップ

Copyright (C)価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド All Rights Reserved.