価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド

あなたの職場にピッタリな業務用エアコンを徹底調査!

業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド » 意外と知らない業務用エアコンの知識 » 業務用エアコンのトラブル

業務用エアコンのトラブル

業務用エアコンは、家庭用エアコンと異なり、故障すればその影響はとても大きいものです。接客現場であればお客様の購買意欲に影響して売り上げを落とすかもしれませんし、商談の場であれば自社のイメージや信頼を損なうリスクにもなりかねません。

ひとたびトラブルが発生すれば、悪影響も大きくなってしまいます。そこで今回は、業務用エアコンによく発生する代表的なトラブルについてまとめてみました。

冷暖房が効かない

「昨日まで正常に稼働していたのに…」と、家庭用はもちろん業務用のエアコンでも、ある日突然効きが悪くなってしまう場合があります。問題ないように見えていても、実は動作が不調に陥る原因が少しづつ積もっている場合も。

暖房や冷房、除湿の効きが悪いようであれば、フィルターやファン、室外機の汚れが機能を低下させている可能性があります。サーモスタットや熱交換器などが故障している場合はプロの業者に修理を依頼するようにしましょう。

普段の掃除が不十分だったために機能が低下している場合は、個人で対応できる場合もあります。フィルターに溜まっている埃を掃除機で除去してみたり水洗いしてみたりすることで、症状を改善できるかもしれません。室外機のアルミフィンが汚れている場合も同様です。また、室外機の前に大きな物を置いている場合は、移動させてみるのも1つの手段です。とりわけ冷房が効かない場合は、室外機そのものが熱くなり、外部への熱放出の効率が下がっている可能性もありますので、室外機にヒサシをかけてあげるのも一手です。

上記の手立てを行なっても効きが悪いようであれば、故障している可能性が高いと言えます。業務用エアコンの専門業者に修理を依頼するようにしましょう。

「エアコンの本体に電源が入らない」「全く動かなくなってしまった」という場合は、機器そのものの寿命が考えられます。取り付け工事の際に出されるメーカーの保証書等を確認し、対応年数をチェックしてみましょう。

おかしな音がする

業務用エアコンは家庭用のエアコンよりも高出力で大型ですから、普段はほぼ無音で運転していたとしても、何らかの原因で不調になり、おかしな音が聞こえるようになると、とても耳障りな騒音になってしまいかねません。場合によってはスタッフの作業効率が落ちたり、お客様のストレスや近所迷惑まで発展してしまうことも考えられます。

例えば、「カラカラ」という音や大きな「ブォーン」という音が聞こえてくるようになると、それはエアコン内部の装置が故障しているか、これから故障するサインです。フィルターやファンの汚れにより正常な作動に支障をきたしている可能性もありますから、定期的にクリーニングを実施するようにしましょう。

水漏れがする

エアコンから水滴が落ちてきたり、吹き出し口から水が飛んでくるトラブルも挙げられます。こうした水は、エアコンが装置内部や室外機で暖かい空気を冷たい空気に変換する際に発生するものであり、冷房・暖房ともにエアコンが機能するために欠かせないもの。熱交換器で発生した水が正常に排水されない場合に漏れ出てきてしまい、ようやくトラブルとして認識できるのです。具体的な原因としては、コンプレッサーなどの部品の故障のほか、汚れによる排水機能の悪化も挙げられます。水漏れを引き起こすほどにエアコンが汚れている場合は、風量や機能の低下、異臭などのトラブルにも連鎖していく可能性も。汚れを除去しても症状が改善しない場合は、業者への修理依頼も検討した方が良いでしょう。

悪臭がする

カビや生ゴミ、タバコのような悪臭が業務用エアコンから出てくる場合、エアコンの排水機能が故障していたり、ひどい汚れが溜まっていることが原因として考えられます。エアコンは室内の空気を取り入れて通風口から風として吹き出しているため、ホコリや細かい塵も同時に取り入れてしまい、汚れが溜まっていくのです。この汚れが、エアコン内部で正常に排水されていない水と混ざってしまうことで、悪臭をともなうカビを発生させたり、外部のタバコの煙を吸い込んで溜め込んだり、腐って生ゴミのような悪臭を発生させてしまう原因となります。そのまま放置するとエアコンの機能を低下させるほか、悪臭もひどくなる一方で改善することはありませんので、エアコンクリーニングをおこないましょう。ただし、クリーニングでも臭いをゼロにすることができない可能性もあります。自分でクリーニングしても臭いが気になる場合は、専門の業者に相談することをおすすめします。

台風による故障

台風等による強風や大雨も、エアコンの室外機を故障させてしまう原因となります。内部のファンモーターや基盤が、強風で入ってきた雨水や強風による逆回転などの現象によって破壊されてしまうためです。また、洪水などが発生して室外機が水に浸かってしまう場合も同様です。古い室外機になると、ホースで水を掛ける掃除なども故障の原因になりえますから、なおさらと言えるでしょう。

台風が接近していても営業中に業務用エアコンを停止させることは難しいかもしれません。しかし、業務時間外であれば、防水対策としてブルーシートなどで室外機を覆う転倒しないように支えを設置するなど、台風対策をおこない、故障のリスクを抑えるようにしてみてください。

ヤモリによる故障

「家の守神」とされているヤモリですが、業務用エアコンの故障の原因になることもあります。原因は機器の隙間から侵入したヤモリが、身体から水分を放出し、回路をショートさせることがあるため。エアコンは外気に熱を放出する必要があるため密閉構造にできません。そのため、ヤモリなどの小動物が侵入してしまい、こうした故障が発生してしまうのです。

こうした故障を見越して、エアコンに「ヤモリ対策」を施しているメーカーもあります。完全に防ぐことは難しいようですが、絶縁シートや樹脂板などを使用することで、ヤモリが内部に侵入するリスクを低減させたり、回路のショートを防ぐようにしています。ただし、「ヤモリ対策」が施されているエアコンは、受注生産のため高額になってしまう場合もあるので事前にチェックしておきましょう。

トラブルの対処法は?

汚れは、個人でも日常的に掃除したりメンテナンスをすることによって、ある程度は軽減させることができます。フィルターを取り外して掃除機で埃を除去したり、水洗いをしたり、ファンの汚れを拭き取ることで、トラブルのリスクを低減させることが可能です。

しかし、長年の汚れの蓄積が故障を引き起こした場合、個人では対応できないこともあります。その場合は、業務用エアコンの専門業者に相談し、修理をしてもらうようにしましょう。本サイトでもおすすめの業者・メーカーについて紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。また、取り替えが必要なほどエアコンが不調になっている場合は、買い替えやリースも選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選
安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_sp
安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_サイド

おすすめ業務用エアコン業者15社

メーカー別|業務用エアコン

設置場所別|おすすめ業務用エアコン

業務用エアコンの種類について

意外と知らない業務用エアコンの知識

サイトマップ

Copyright (C)価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド All Rights Reserved.