価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド

あなたの職場にピッタリな業務用エアコンを徹底調査!

業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド » 意外と知らない業務用エアコンの知識 » 修理

修理

業務用エアコンを長く使っていれば、経年によって本体や周囲に何らかの悪影響が出る場合があります。そうなった際に、エアコンを修理するのかまたは買い換えを考える人が多いでしょう。どちらを選ぶ方がお得になるのか、それぞれの特徴やメリット・デメリットについて紹介します。

修理と買い替えはどちらが得なのか

まずは時期に応じて、修理と買い替えのどちらがベストなのかを解説していきます。どんな業務用エアコンでも、使用し続けていれば冷暖房の機能停止や水漏れなど、様々なトラブルが…。その時、修理または買い替えを考えますが、どちらがお得かは業務用エアコンの購入時期によって左右されます。

1年目

購入から1年程度の場合、メーカーの保証期間内であることが多いため、メーカーや販売店からの修理サービスを受けられます。購入した業務用エアコンの保証期間を確認して、修理を依頼した方がお得です。

7年未満

7年ほど経過している場合、保証期間が切れていることが多いため修理と買い替えの比較検討がおすすめ。一口に修理と言っても、内容で金額が変わるのでメーカーや販売店に問合せてみるようにしましょう。

9年未満

購入から9年程度経っている場合、エアコンの本体や細かい部品が生産終了しているケースもあるため、修理自体を受け付けて貰えないこともありえます。修理ができなくなった場合、思い切って買い替えてみる方がお得です。

10年以上

業務用エアコンを購入してから10年が経過したら、思い切って買い替えをした方がお得です。今あるエアコンを使い続けるよりも、最新の機種に取り換えた方が年間の電気代はお得になり、そして性能でも優れているケースが多いです。

物を大切にすることは素敵ですが、ここは感謝の気持ちを込めながら新しい機種と交換しましょう。

取替えの時期

業務用エアコンに限らず、どんな機械でも使い続けることで劣化します。エアコンの場合、圧縮機や送風機などの部品が劣化することが多いため、故障を防ぐには定期的なメンテナンスと部品交換が必要です。

取り付けから点検をしなければすぐに使用できなくなり、故障の度に修理するのであれば6年~9年程度で限界が訪れます。きちんとメンテナンスをおこない、エアコン内部の汚れや部品の汚れをきちんとチェックすれば、10年以上はエアコンを使い続けることも可能です。もちろん、設置した環境やエアコンの使い方によっても寿命は変わるのであくまでも目安ですが、長く使い続けたいのであれば設置したエアコンの特性や使い方をきちんと把握し、定期的にメンテナンスを心がけておくようにしましょう。大事に使おうという気持ちさえあれば、長く使うことができますよ。

故障の原因と修理費用の相場

業務用エアコンは時間の経過とともに劣化することになりますが、その原因は様々です。

最も大きな原因の一つは、エアコン室外機の心臓部であるコンプレッサーの故障であり、この部分に異常が起こることで振動または大きな音が発生するケースです。コンプレッサーは室外機に設置されており、室外機から騒音が発生していると思ったら、買い替えも検討してみましょう。コンプレッサーは室外機の心臓部であり、10万円以上の修理代がかかることがあります。

エアコンの機能が落ちていると感じた際は、冷媒ガス漏れの可能性も考えてみましょう。エアコンを運転させても効果が感じられない場合、室内機と配管、室外機などエアコン全体の調査をする必要があり、こちらも10万円以上の修理代がかかる場合も。

コンプレッサーと冷媒ガス漏れはどちらも修理可能ですが、年数によっては買い換えた方がお得になることもあります。

業務用エアコン故障の中程度と小程度について

上記で紹介した10万円を超える修理代の規模は、重程度の故障とされています。

重程度の他に、10万円未満となる中程度の修理や、5千円から2万円程度で収まる軽程度の修理もあります。エアコンを扱う上で、中程度と軽程度の故障についても知っておく必要があるので、それぞれ紹介します。

中程度の場合

ファン・ファンモータや基盤の交換が必要となったり、リモコン不良が起きた場合は中程度の修理が必要となります。他にも、エアコン本体と室外機を繋ぐ排水ホースとなるドレンに異常が起きた際も、中程度の修理が必要です。これらの修理を行う際、10万円未満の予算を考えましょう。

軽程度の場合

エアコンの風向きを調節してくれる吹出しルーバーに異常が起きたり、温度センサーに不良があった場合は軽程度の故障となります。軽修理は5千円から2万円程度の修理代で収まるため、非常に安く済みます。

もちろん、軽程度なら自分で修理することも不可能ではありませんが、素人が迂闊に手を出しては故障が悪化する場合もあるため、きちんとプロに依頼しましょう。

それぞれの不調で修理費用も変わるため、まずは業者にきちんとエアコンの調子を確認してもらってから、修理に必要な予算を組み立てましょう。

メリット・デメリット

修理または買い替えを検討する際は、それぞれのメリットとデメリットも把握しておくと良いでしょう。

まず、修理の場合は軽程度であれば低コストかつ短い日数で復旧できることが最大のメリットです。一方で、メーカーに修理依頼をする場合、出張費が発生しますし、また軽修理のつもりが別の不調が発見されて修理費が上乗せされるケースもあります。また、重修理の場合はそもそもの費用が高いですし、エアコンの機種が古ければ修理してもすぐに壊れる場合もあります。

エアコンは修理しても、そもそもの性能や電気代も変わらないため、長く使い続けるという前提で依頼しましょう。

買い替えをする場合、新しい性能のエアコンが使えるようになるため、高機能かつ省エネのエアコンの効果を実感することができます。また、性能が優れたエアコンに買い替えれば、従来より寿命が長くなることも期待できることがメリットです。

もちろん、軽修理に比べれば費用が掛かりますし、また設置場所によっては施工費が余計にかかるケースもあります。そして工事の期間によっては営業に支障をきたすこともあり得るため、事前のスケジュール調整も必要です。

修理または買い替えのどちらを選ぶにしても、それぞれのメリットとデメリットを事前に把握した上で決めましょう。もちろん、自分が使っているエアコンの状態も理解することも大事です。

リースへの切り替えもあり?

エアコンの空調システムを活用する際、リース契約(企業が決めた設備を購入し、その企業から長期的に借りる契約をする)も考えてみましょう。リース契約にすれば初期費用はかからず、またレンタルのため月々の費用を経費としてカウントできます。

ただし、エアコンの本体価格以外にも保険料や金利も支払うことになり、また中途解約ができません。そしてリースはレンタルであり、所有権は相手側にあることを忘れてはいけません。

もちろん、契約を更新すれば長期的な保有は可能ですし、また購入の際にかかる資金調達や様々な手続きを省略できることもメリットです。購入にかかる手間を省きたい場合、リースへの切り替えも1つの選択肢となります。

安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選
安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_sp
安心して長く使いたいなら業務用エアコンおすすめ業者3選_サイド

おすすめ業務用エアコン業者15社

メーカー別|業務用エアコン

設置場所別|おすすめ業務用エアコン

業務用エアコンの種類について

意外と知らない業務用エアコンの知識

サイトマップ

Copyright (C)価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド All Rights Reserved.