価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド

あなたの職場にピッタリな業務用エアコンを徹底調査!

業務用エアコン選びのおすすめ業者をご紹介!

あなたの職場に本当に必要な
業務用エアコンとは?

オフィスや店舗に欠かせない業務用エアコン。「安く導入できるならどこでもいい」なんて思っていませんか?長時間稼働する業務用エアコンにはトラブルがつきもの。だからこそ、導入コストだけでなく、アフターケアサービスの充実度が重要です。
このサイトでは、賢く上手に業務用エアコンを選ぶため、特徴や保証内容を徹底比較!導入する際に失敗しないよう、案内人のエアコンくんと一緒に詳しくチェックしていきましょう。

僕がご案内します!

エアコンくん

エアコンくん

エアコンくん

エアコンくん

僕がご案内します!

業務用エアコンおすすめ業者3選

少しでも長く業務用エアコンを維持したいなら

ダイキン
ネットZEAS

ダイキン ネットZEAS公式キャプチャ

引用元:ダイキン ネットZEAS(https://www.daikin-hvac-tokyo.co.jp/anshin/)

特徴

  1. 世界シェアNo1!
    安心のダイキンブランド
  2. お知らせメールとメーカー直結の迅速な修理対応!
  3. 故障をしても修理費0円
    (10年保証)
公式サイトを見る 電話で問い合わせる ダイキンHVACソリューション東京について
詳しく見る

豊富なメーカーから
業務用エアコンを選ぶなら

エアコンセンターAC

エアコンセンターAC公式キャプチャ

引用元:エアコンセンターAC(https://www.e-aircon.jp/)

特徴

  1. 国内主要メーカーを全取り扱い可能
  2. オフィスだけでなく公共施設での設置実績も豊富
  3. 品質管理(ISO9001)と環境配慮(ISO14001)を取得
公式サイトを見る 電話で問い合わせる エアコンセンターACについて
もっと詳しく見る

安心できる老舗で
業務用エアコンを選ぶなら

エアコンフロンティア

エアコンフロンティア公式キャプチャ

引用元:エアコンフロンティア(https://aircon-f.co.jp/)

特徴

  1. 創業1946年の老舗
  2. 品質を高める提携の工事店への研修制度
  3. 安心の有資格者による施工
公式サイトを見る 電話で問い合わせる エアコンフロンティアについて
もっと詳しく見る

おすすめ業務用エアコン業者の特徴をチェック!

業務用エアコンのサービスの中でもリースは初期費用が抑えられるので、選択肢として非常に有効です。ここでは、リースサービスを展開している業務用エアコン業者の中でも、サポート面が充実している業者、金額が安く抑えられる業者、保証内容が充実している業者を選出しました。

ダイキン『ネットZEAS』

ダイキン ネットZEAS公式キャプチャ

引用元:ダイキン ネットZEAS(https://www.daikin-hvac-tokyo.co.jp/anshin/)

業務用エアコンの世界シェアNo.1の最大手・ダイキンの「ネットZEAS」は対応にも優れています。24時間365日コンタクトセンターが稼働している上、エアコンが異常を検知すると販売店とお客様のもとにメールで連絡。即座に対応してもらうことが可能です。エアコンが壊れると、営業に支障が出る…というお店もありますが、ダイキンは壊れる前に異常を検知してくれるのです!

公式サイトを見る
電話で問い合わせる

エアコンセンターAC

エアコンセンターAC公式キャプチャ

引用元:エアコンセンターAC(https://www.e-aircon.jp/)

エアコンセンターACでは国内主要メーカーの業務用エアコンをすべて取扱い可能となっています。扱っているメーカー・機種が多いので、お客さんのニーズに合わせてエアコンを選ぶことができるのです。直工店が全国に点在しており、緊急の際には迅速に対応してもらうことが可能です。

公式サイトを見る
電話で問い合わせる

エアコンフロンティア

エアコンフロンティア公式キャプチャ

引用元:エアコンフロンティア(https://aircon-f.co.jp/)

エアコンフロンティアは創業1946年の老舗です。エアコンフロンティアの工事店はメーカー認定の工事店にもなっているほか、工事の品質の担保を徹底するために研修などを行っています。施工力を高く保っているだけでなく、アフターサービスにも力を入れており修理やメンテナンスも対応してもらうことができるのです。

公式サイトを見る
電話で問い合わせる

まず候補に入れたい!
おすすめ業務用エアコン業者15選

業務用エアコンの導入を考えるなら最低限チェックしておきたい、おすすめ業者15社をピックアップ!取り扱っている機器や導入実績が豊富で、対応力の高い業者を集めてみました。トラブルに対して迅速なフォローをしてくれる業者が多いので、営業に大きな影響を与える心配がありません。中には、4年以上の保証期間や24時間サポートといったアフターフォローを用意している業者もあるので、詳しくチェックしてみてください。

メーカー別業務用エアコン

業務用エアコンを取り扱うメーカーの
特徴をリサーチ!

ダイキンや東芝、三菱重工など、世界水準の技術力に定評のある業務用エアコンをメーカー別にピックアップ。どのメーカーも空調技術の向上はもちろん、環境に配慮した省エネ性能も高いレベルのところばかりです。各メーカーの性能やサービスを見極めて、環境に合ったエアコンを見つけてください。

ダイキン

ダイキンは世界のエアコンシェアNo.1の最大手です。人検知&床温度検知のダブルセンサーを採用し、最適な環境を作るのでクールビズ・ウォームビズに最適。また、導入した事業主から大変好評を得ている「ネットZEAS」は、10年間の修理保証に加え、24時間365日の修理対応など急なトラブルにも安心のサービスです。

東芝

業界トップクラスの省エネ性能と、豊富なラインナップの業務用エアコンを提供している東芝です。店舗やオフィスに省エネ性能の高いエアコンを導入すれば、ローコストオペレーション(経費削減)が実現可能。さまざまなオフィスや店舗に対応した機種を設置することで、省エネを実現し環境へ配慮できます。

三菱電機

言わずと知れた大手電機メーカー三菱電機の業務用エアコン。省エネ性能にこだわったエアコンの開発を行なっており、最先端の技術を惜しみなく使っているのが特徴です。また省スペースでも設置できるようにコンパクトを重視したエアコンもあります。機種によって機能が変わるので、目的に合った性能のものを選びましょう。

日立

センサー機能にこだわり、業界トップクラスの省エネ性能を誇る日立。快適な空調を追求して業務用エアコンを開発しています。冷却・暖房効果を維持しながらも、省エネルギー法2015年度基準値をクリア。人感センサーでエリアごとの風向きを調整し、部屋にいる人数を把握して運転を制御する、最先端の技術がつまった業務用エアコンです。

三菱重工

冷熱事業はもちろん、さまざまな研究を行なっている三菱重工。気流を和らげることでドラフト感(不快な風)を回避する「エアフレックス」を開発・導入しています。環境に配慮しつつ効率性を高めた業務用エアコンを作りだしているのが特徴です。また人感センサーも搭載しており、部屋の環境に合わせた空調を実現してくれます。

パナソニック

「ものづくりの原点」に立ち返り、製品の開発を行なっているパナソニック。省エネ性能はもちろん、快適性や環境性を高めた業務用エアコンのラインナップが魅力です。R32冷媒を採用することで、環境へも配慮しており、人感・床温センサーを内蔵して、徹底的に省エネ性能をアップ。見逃せない機能がつまっている製品は注目の的です。

設置場所別おすすめの業務用エアコン

どこに設置するかで
エアコンの選び方も変わる?

「設置する場所と用途に合っているかどうか」が業務用エアコンを選ぶ際に最も重要です。性能の良いエアコンを選んだとしても、設置する場所に合っていなければその効果を発揮できません。ここでは、設置場所別におすすめの業務用エアコンをご紹介。場所に合った形状・性能、保証の大切さなど、業務用エアコンの導入をご検討の方は必見です。

オフィス

オフィス

オフィスの業務用エアコン選びは社員が快適に過ごせるかどうかが大切。広さや間取りによっても選ぶべきエアコンの形は変わってきます。
ここではオフィスにおすすめの業務用エアコンの機能や種類に加え、オフィスの業務用エアコンが真夏に壊れた時のトラブル事例などもご紹介。

店舗(小売店)

店舗(小売店)

百貨店やスーパー、コンビニなどには、さまざまなお客様が集まるので、清潔でレイアウト的にもスッキリ見える業務用エアコンを選びたいところ。
なかなか掃除をする時間が取れない店舗や小売店ならではの自動フィルター掃除機能つきエアコンなど、スムーズな店舗経営におすすめの業務用エアコンの情報についてをまとめました。

飲食店

飲食店

飲食店は食事を楽しむお客様が集まるため、お店の雰囲気に合わせて、目立たないレイアウトのエアコン選びがベター。ここでは、飲食店でおすすめの業務用エアコンの機能や種類、中華料理店や焼肉屋を経営するためには欠かせないエアコンの機能などについてお届けします。

美容室

美容室

ドライヤー・シャワーといった熱源やカラーに使う薬剤の影響など、エアコン選びが通常の店舗や事務所と異なる美容室は、どのような機能や種類を選ぶべきなのでしょう?
ニオイ・風向きなど、美容室ならではの問題を解決できる業務用エアコンの選び方を解説します。

倉庫

倉庫

倉庫への導入でおすすめの業務用エアコンの機能や種類についてご説明。夏暑く、冬は極寒と言われる倉庫では、エアコンの効き目がかなり重要です。もちろん、モノを適切に管理するための温度や湿度の調節も大切。エアコン選びのノウハウを、実際に倉庫で働く人の口コミも合わせてお届けします。

工場

工場

室温を一定に保たなければいけなかったり、機械の熱を冷ましたりするため、工場にはエアコンが必要不可欠です。また、働いているスタッフたちが仕事をスムーズに進めるためにも、快適な環境にすることは欠かせません。どのような機能を選ぶべきか、どんな種類のエアコンを設置すべきか、わかりやすくまとめました。

病院

病院

病院に取り付ける業務用エアコンは、患者さんが快適に過ごせるかどうかが最も重要。診察室や施術室、待合室などの空気環境をキレイに保たなければいけません。ここでは、病院でおすすめの業務用エアコンの機能や種類をご紹介。真夏の病院で起きたエアコンのトラブル事例と合わせてご確認ください。

ホテル・旅館

ホテル・旅館

ホテル・旅館には、お客様が癒しを求めてやってきます。業務用エアコンの機能性はもちろん、見た目にもこだわりたいところです。こちらではホテルや旅館におすすめの業務用エアコンについてご紹介。さらに、旅行先のホテルでエアコンが故障して不快な体験をした方のエピソードもまとめました。

業務用エアコンの種類~長所・短所を知る~

それぞれの良さは?業務用エアコンの種類

ひとくちに業務用エアコンと言っても、さまざまなタイプがあります。主流の天井カセット形をはじめ、床置形やビルトイン形などです。
種類によって特性が異なるため、使用条件や室内構造によって使い分ける必要があります。適切なものを選び、快適な空調を実現しましょう。

天井カセット

部屋の形状に合わせて吹き出し口の数を選べる天井カセット形は、部屋全体に気流を送り出せるのが特徴です。また、室内機本体を天井に埋め込むことでスペースを取らずに設置可能。ただし、天井に穴を開ける必要があるため、大掛かりな工事を必要とします。

天井吊形

大掛かりな工事なしで設置可能な天井吊形。天井内にスペースがなく天井カセット形が設置できないような場所にも設置可能です。オプションで人感センサーや除菌機能を追加できる機種も。直線上の送風に長け、部屋全体の空調を安定させるのには向いていません。

床置形

床スペースが確保できればどこでも設置可能な床置形の業務用エアコン。天井に設置するタイプと比べると工事費も抑えられるので経済的です。脚立にのぼらなくても届く範囲にあるので、メンテナンスがしやすいのも魅力。床面を効率良く温めてくれるので熱効率バツグンです。

壁掛形

見た目は家庭用エアコンと変わりませんが、風量は強力な「壁掛形」の業務用エアコン。取り付け方法は家庭用のものと変わらないため、設置費用を安く抑えることができます。ただし、他の業務用エアコンと比べると馬力が低く、広範囲の室温を安定させるのには向いていません。

ビルトイン形

本体を天井裏や壁内に埋め込むことで、室内の雰囲気を乱さずに設置できるビルトイン形。吹き出し口の位置を調整できるため、気流を自由自在にコントロールできます。本体が露出していないことから、機械に悪影響を及ぼす高温多湿な場所に対応できるのも魅力です。

意外と知らない業務用エアコンの知識

業務用エアコンの説明の中には「馬力」や「単相」など、正確な意味がわかりづらい専門用語がいくつか登場します。
設置場所に合ったエアコンと出会うためには、電源や機能など、エアコンに関する知識を少しでも多く持っていることが大切です。ここでは、業務用エアコンを選ぶ前に知っておいて損はない基本知識をまとめました。

家庭用と業務用の違いは?

家庭用と業務用が存在するエアコン。馬力や冷暖房機能が異なるため、店舗の広さや用途によって最適なエアコンは異なります。ここでは2種類のエアコンの違いに注目し、電気代や選ぶ時に見るポイントなどをまとめました。店舗に設置するためのエアコンを賢く選びたい人は、一般家庭に設置されているエアコンとプロ仕様のエアコンの違いを抑えましょう。

業務用エアコンの馬力について

業務用エアコンのスペックとして表示されている「馬力」。いわゆる動力の単位で、1馬力は735W(ワット)と同等だと言われています。もし面積が異なるオフィスや人の出入りが多い美容室に導入するなら、何馬力を見込むべきなのでしょうか?気になるその目安を、天井カセット4方向の業務用エアコンを例に挙げてご説明します。

業務用エアコンのペアとマルチ

室外機は1台のまま、室内機やリモコンの数に違いがある「ペア」と「マルチ」。室内機・室外機が1台ずつのペアよりも、複数台の室内機とつながっているマルチのほうが良く見えますが、どちらにもそれぞれの利点が。その2つの違いについてまとめました。

業務用エアコンの電源(単相・三相)って?

電源は業務用エアコンを動かすために必要不可欠な電気を送る源。家庭用の電源である単相200Vと業務用の三相200Vでは馬力が異なります。店舗の広さによって選ぶべき電源は変わりますが、一般家庭とさほど変わらない10坪程度の店舗の場合、単相を選んでも問題ないのでしょうか?ここでは馬力の違いや向いている店舗など各電源の違いについてご紹介します。

購入とリースのメリット・デメリットって?

業務用エアコンを導入する際に迷うのが、「購入」にするか「リース」にするか。でも、購入は安いが故障の際には修理費がかかったり、リースは初期費用は安いが、総額は高くなるなどの違いがあります。
その異なるメリット・デメリットをまとめてご説明をします。

業務用エアコンの馬力別工事費用などのまとめ

業務用エアコンを設置する際には、エアコンそのものの値段だけでなく工事費用についても考えておかなければなりません。エアコンの値段と工事費用は、エアコンの馬力に比例して高くなる傾向です。少しでも費用を抑えたいのであれば、設置する室内に適切な商品を選ぶことがポイントに。ここでは室内に適切な馬力の目安をご紹介。また気になる業務用エアコンの工事費用を、エアコンの種類と馬力別にまとめています。

点検の重要性

2015年4月に「フロン排出抑制法」が改正されて以降、フロンの排出量を削減すべく業務機器の点検が義務化されています。業務用エアコンはフロンの排出量が多い業務用機器のひとつ。よって業務用エアコンもこの法律の対象となっているのです。 管理者が行わなければならない定期点検って?守らなかった場合にはどうなるのか?ここでは業務用エアコンの点検内容や点検頻度、点検を怠ってしまった場合の罰則などをまとめています。

業務用エアコンに対する補助金・助成金とは

業務用エアコンを購入する際に、エアコン代の一部を負担してくれる補助金・助成金が出ることをご存知ですか?この補助金・補助金制度は、省エネや節電、CO2削減になる機器の導入を国が推奨しているためにできたもの。ただしこの制度を活用するためには、申請までに多くの手順を踏む必要があります。制度の内容、対象となるエアコン、申請先などを確認し、少しでもお得に業務用エアコンを購入しましょう。

中古のメリット・デメリット

コストを少しでも抑えるために、中古の業務用エアコンを検討するのも選択肢の一つです。中古で買うと、本体価格が大幅に抑えられるだけでなく、最短での納期、保証が付いてくるなどのメリットが。ただ、中古の業務用エアコンに様々なメリットがあるとは言え、性能の低下や寿命なども気になるところでしょう。ここでは中古の業務用エアコンを購入する際のメリット・デメリット、中古品の選び方についてまとめています。

掃除・クリーニング

「業者に頼むもの」というイメージがある業務用エアコンの掃除・クリーニング。でも実は自分たちでできることもたくさんあるのをご存知でしょうか。汚れたまま放置しておくと、エアコンが故障するだけでなく健康被害をも及ぼしてしまうリスクが。ここでは掃除・クリーニングの必要性やメリットを紹介しています。また具体的な掃除方法もまとめていますので、ぜひ業務用エアコンをお手入れする際の参考にしてみてください。

相場

気になる業務用エアコンの価格相場とは一体どれくらいなのでしょうか?いざ購入する際にはエアコンの本体価格だけでなく、設置にかかる費用もかかることを念頭においておかなければなりません。業務用エアコンは、機種や設置業者によって大幅に価格が変わるもの。ここでは購入前の参考になるように、機種ごとの特徴と価格相場についてご紹介。また、格安価格で購入する際の注意点やリスクについてもまとめています。

修理

業務用エアコンを長く使い続けた場合、水漏れや冷暖房の機能停止などの様々なトラブルが発生するもの。機器は年数とともに劣化していくものなので、そうなると買い替えや修理を検討しなければなりません。新しいものに買い替えるのか?それとも修理を頼むのか?果たしてどちらがお得なのでしょうか。業務用エアコンの購入時期に応じた対処法、修理費用の相場、取り換えのタイミングなどをご紹介します。

撤去

業務用エアコンの買い替えや修理が必要になった場合、あるいは物自体が不要になってしまった場合にはエアコンの撤去作業が必要となります。重さ何十キロにもなる本体、複雑な取付工事がされた業務用エアコンは撤去をするにも知識がなければ困難です。ここでは撤去を自分で行う場合の注意点や、エアコンを撤去してくれる業者についてご紹介。またエアコンを破棄する際の流れについてまとめています。

水漏れ

業務用エアコンから水漏れが発生しているときは、室内機の異常もしくは外からの雨水が原因になっていると考えられます。水漏れをそのまま放置しておくとエアコンそのものの故障につながってしまうケースも。まずは水漏れの原因をつきとめて早めに対処をおこないましょう。また自分でできる解決法を、エアコンのタイプ別にご紹介しています。具体的な手順についてもまとめていますので参考にしてみてください。

業務用エアコンのトラブル

「冷房が急に効かなくなった」「おかしな音がする」そんな時はエアコンのトラブルかもしれません。もしかするとエアコン自体が故障している可能性も。業務用エアコンの故障は会社にとって悪影響。トラブルに気づいたらなるべく早めの対処が必要です。ここでは業務用エアコンに発生する代表的なトラブルについてピックアップ。またそれぞれのトラブルについての対策法もまとめています。

寒冷地仕様のエアコン

業務用エアコンに「寒冷地仕様」のものがあることをご存知でしょうか?寒さの厳しい地方では、通常のエアコンで部屋が暖かくなりにくいことがあります。通常のエアコンと寒冷地仕様のエアコンの大きな違いは室外機の機能性。暖房性機能がより強化されているため、通常のエアコンより温かさが期待できます。ここでは寒冷地仕様のエアコンについて詳しくご紹介。寒冷地仕様のエアコン製品についても、いくつか画像付きでピックアップしています。

業務用エアコンの節電方法

少しでも電気代を抑えるために、業務用エアコンの管理者はエアコンの節電方法について学んでおくと良いでしょう。基本的な節電方法は家庭用エアコンとほとんど変わりませんが、職場のスタッフや職場の機器等に支障がないよう、環境に応じて対策をとることが大切です。ここでは代表的な節電方法を詳しく3点ピックアップ。その他にも自分でできる節電方法や、プロの業者に依頼する方法まで紹介しています。

エアコン選びでスメルハラスメント対策はできる?

スメルハラスメントとは簡単に言うと不快な臭いによるハラスメントのこと。臭いの原因は口臭や香水、タバコ、エアコンの空気など様々…。スメルハラスメントは業務に悪影響が出るだけでなく、体調不良を伴い退職する社員もいるほど深刻な問題。エアコンの臭いが原因とならないために管理者は注意を図らなければなりません。一方で、エアコンを利用して臭いの充満を防ぐことも可能。エアコンの設置場所、空気の循環などを工夫してスメハラ対策をおこないましょう。

高圧圧力異常が出たら停止!使い続けない方がいい理由

業務用エアコンにエラーが出る原因として「高圧圧力異常」というものがあります。このエラーが出た場合、無視して動かし続けてしまうとエアコンの故障に繋がりかねません。早い段階でエアコンを買い替えないといけなった、ということにならないようにエラーを放置せず早めの対処を行いましょう。ここでは、高圧圧力異常が出る原因と対処法についてまとめています。エラーが出る前にきちんと覚えておきましょう。

適切な設定気温や室内温度

冷暖房機器を使うにあたり基本ともなる温度調整。設定温度の正しい意味、正常に稼働する温度、自動運転モードの使い方など、実は意外と知らないことも多いのではないでしょうか。エアコンを稼働しているのに効き目が弱いと感じる場合、もしかすると温度設定の認識を誤っているのかもしれません。ここでは、設定温度の意味や適切な使用環境、業務用エアコンならではの注意点などをまとめました。

業務用エアコンの室外機

エアコンは室内に設置するエアコン本体と、屋外に設置する室外機で成り立っています。室外機の存在を知ってはいるものの、室外機が一体どのような役割を担っているのかを理解している人はあまりいないのではないでしょうか。ここでは室外機の働き、業務用エアコンの室外機の種類、メンテナンス法についてまとめています。

サイトマップ

Copyright (C)価格からトラブル対応まで|業務用エアコン販売会社徹底比較ガイド All Rights Reserved.